FC2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

緑の中の美しい村たち(ランシャール、ラ・シャペル・スー・ブランシオン)

2018年8月、フランス中部(ブルゴーニュ、オーベルニュ+α)の旅その22

シャペイズChapaizeで、ぶっとい柱に感動した後は、とってもご近所の村へ向かいました。
お得意の思い込みプラス、フランス語の発音できなさで、実は、以前訪ねた他の教会だと思い込んでいて、到着して、まったく違う場所だったのでびっくり、でした。相変わらず間抜けです。

2018 france centre 298

ランシャールLancharreのノートルダム教会Ancienne Eglise Notre-Dameです。

そして、驚愕しました。大修復中だったんです。教会の周辺には、建築資材がたくさん置かれていましたが、外側は、とりあえず終わったのかな、という様子。しかし、中は、もう漆喰の白しか目に入ってこないぬりぬり進行中でした。

2018 france centre 299

修復が終了して、一旦落ち着いたら、こういうもんか、となるのかもしれませんが、いまだ修復中の中での見学ですから、あたかも、そこら中に漆喰の粉が待っているような雰囲気で、ここまで塗るか?!と驚愕しました。

再建中なのか、それとも修復中なのか、古そうな柱を大にして、柱頭らしきものが置かれていました。

2018 france centre 300

可愛い柱頭もあります。

2018 france centre 301

しかし、白さがフューチャーされてしまっていて、彫りの面白さが遠くに行ってしまっている感が…。

2018 france centre 302

こんな風に色付きもありますから、全面真っ白ということはなかったのではないかと思うんですが、フランスの修復は、ホワイト一色。

なんか期待していただけに、裏切られた気持ちでしたが、でもここ、なんか修道院だったんだろうな、修道院の寺町、というより、修道院だけだったんだろうな、という往時のイメージがわかりやすい様子のたたずまいの村で、それはよかったです。

2018 france centre 303

なんでかわからないんですが、かつては修道院だったことがわかるような形で残っている土地とか家並みの様子が、何とも好きなんです。こういうもんがあって、中に広がっている修道院のあり方っていうか。
多分、昔は、関係ない人は入れなかったりとか、いや、多分入ることもなかったりとかしたそういう歴史だったりに思いが行ったりして、なんとなく歴史の中にいるよ、オレ、みたいな感覚が好きなのかとも思うのですが。

教会や僧坊が中心だったりする中に、納屋みたいなところがあったり、畑があったりとか、そういうものが、琴線に触れます。変な趣味、笑。

2018 france centre 304

いずれにしても、いまいちだったな、と思いながら、次へ移動です。

2018 france centre 305

緑が美しい田舎道を15分ほど走ってたどり着いたのは、墓地教会です。

2018 france centre 306

ラ・シャペル・スー・ブランシオンLa Chapelle-sous-Brancionのノートルダム教会Eglise Notre-Dameです。観光地としても有名な、ブランシオンがある丘のふもとの村の中心にあります。墓地教会なのに、村の中心、というのが、いかにもの田舎度ですよね。美しい土地です。

後陣および立派な鐘楼がありますが、ファサード側は地味で、面白み、ほぼありません、笑。

2018 france centre 307

後陣に、フレスコ画があるのですが、説明版によれば、これは2001年の4月に発見されたばかりのようです。でも、それほど古いものではなさそうです。少なくとも、ロマネスク・ラバーが興奮するようなものではありません。

2018 france centre 308

下のほうのは、ちょっと古そうですが、でも、修復した挙句の保存状態がこれでは…。こういう風に傷んでしまうのは、それでも残念なことですね。
新しいもので言えば、こういう海洋堂フィギュア的な像が、結構気に入って、撮影してしまいました。

2018 france centre 309

戦う大天使ミカエルかとも思うんですが、翼がないですね。でも、かわいいです。

ここは、教会建築全体のたたずまいと、美しいロケーションを楽しむ場所だと思います。
こんなのどかで美しい墓地に一生、というのも変ですが、眠り続けるというのは、なんか幸せなような気がします。眠られているのは、ほとんど全員、土地の人でしょうしね。

2018 france centre 310

東京生まれで東京育ち、ミラノ生活が長い私は、こういう緑滴る美しい田舎の風景って、なんだか弱い。

2018 france centre 311

ついつい観光ツアーみたいになっちゃいました。あ、観光でもないか、見所ないし。でも、いわゆる「美しい村」ですよね、これは。人口が少なすぎて、実際の美しい村のタイトルはないかもしれませんが。
駐車だって、こんな場所なんですから。

2018 france centre 312

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
スポンサーサイト



  1. 2019/08/07(水) 05:58:15|
  2. ポワトー・シャランテ・ロマネスク
  3. | コメント:1

極太円柱に再会(シャゼル、シャペイズ)

2018年8月、フランス中部(ブルゴーニュ、オーベルニュ+α)の旅その21

秋のイベント準備が終わったら、なんかちょっとした燃え尽き症候群みたいな感じで、このところ毎日読書にいそしんでおりました。思えば、ずいぶん長い間、家で読書に没頭、という余裕がなかったのですね。読書という自分の生活にとっては至極当たり前のことが妙に新鮮に感じられました。

さて、ブルゴーニュの教会巡りです。
まずは、またまたちっこいところから。

2018 france centre 284

シャゼルChazelleのノートル・ダム教会Eglise Notre-Dame。
墓地にある教会です。

鐘楼が美しいため、パッと見はバランスの良いたたずまいと思いますが、やはり改築増築が多くて、時代もごったまぜ、全体はわけのわからない状態ですね。色々な時代に押しつぶされそうになりながら、何とか肝となる後陣が、絵本の「小さなお家」のように残った、という状態です。

2018 france centre 285

この、結構時代をさかのぼりそうな後陣の地味な装飾ぶりは、心惹かれます。鐘楼のブラインドアーチの様子からも、11世紀後半から12世紀くらいという様子ですよね。
全体がその時代のまま残されていたら、さぞや好みのたたずまいであっただろうと想像します。

2018 france centre 286

この、ギザギザ並べの装飾。そして、石の屋根瓦。ラブ♡、笑。

内部はすっごく地味で、ほぼ何もないので、万が一クローズだったとしても、心配することはありません。

2018 france centre 287

内部で、一番好きだったのは、床面、という地味も極まれり、笑。修復もされているでしょうし、床面については、まったく新旧がわかりませんが、同じ修復するなら、こういうオリジナルに近い、つまり地元産の石を使うなどのやり方が最高です。砂岩のようなもろもろした様子の石が古びて、大変良い感じでした。

記憶のよすがとしての一枚。

2018 france centre 288

結構普通の住宅地に墓地があるのですね。他人様の家の軒先に駐車したのは自分なのか、この家の車なのか、それすらすでに記憶なし、涙。

この辺りは大クリュニーの勢力圏で、この教会もクリュニー派という看板が出ておりました。実際、クリュニーはほんのすぐそこですが、あそこは、往時の教会の面白さはほとんどないため、今回はパス。その代わり、前回7年前のブルゴーニュ修行で、駆け足で訪ねた教会を再訪です。

2018 france centre 289

シャペイズChapaizeのサン・マルタン教会Eglise Saint-Martinです。

このたたずまいは、当時と同じで、周辺の土地の道や雑草ぼうぼう的な眺めも記憶通りなのですが、町全体が整備されている感がありました。やはり7年という歳月は長いのです。

しかし、この教会はよいですねぇ。再訪して、改めて好きさを確認しました、というのも変な言い方ですが。

2018 france centre 290

内陣側からファサードを見る一枚ですが、この柱の存在感!初めて遭遇したときは、ぶったまげましたが、やはりぶったまげレベルですよ、これは。
同じようなスタイルということで、トゥールニュにも行きたかったのですが、その時の旅では位置的に無理だったので断念したんです。今回、念願のトゥールニュも訪問した後だけに、感慨深かったです。

2018 france centre 291

こんな無装飾で、石フューチャーのスタイルは、フランスでは他にあまりないだけに、大変興味深いものです。潔くて、清潔感にあふれ、なんというのか、シトー的な?シトー派が好きなわけではないんですが、でもこれは文句なしに好きです。

これまた装飾最小限のファサード。

2018 france centre 292

上の方にあるブラインドアーチの不ぞろいさが、ぐっと来ます。古いですよね。
そして、扉の鋲うち装飾、これもぐっとくるアイテムです。

2018 france centre 293


これはフランスならではのアイテム。この扉は再生品のようで、内部にオリジナルなのか、と思われる扉がありました。

2018 france centre 294

長年の仕様で、木がダメになっちゃったんでしょうね。鉄部分は外されているので、台になる扉だけ再生で、装飾的な部分は、オリジナルを使っているんですね?すごいなぁ。

後陣側も美しいです。

2018 france centre 295

小さな墓地があります。
かつては、この教会があるだけで、集落とはいっても、近所には数軒ある程度の村ともいえないような状態だったのだと思います。今でも、幹線からちょっと引っ込んだ道沿いにある村です。食べ物屋さんなどが増えて、田舎のちょっとした観光地風にはなっているとはいえ、ただの田舎に近いです。

2018 france centre 296

それにしては、ずいぶんと立派な教会を作ったものです。やはりクリュニーの影響が大きいのでしょうかね。

次へ進みます。

2018 france centre 297

地図が単純すぎるだろう!と思われる向きもいらっしゃるかもですが、この辺りは、正直こんな感じで、道も限られるので、ナビがなくとも行けてしまうくらい簡単です、笑。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
  1. 2019/08/04(日) 18:29:34|
  2. ブルゴーニュ・ロマネスク
  3. | コメント:0

ほんの一年前のことなのに、ほとんど記憶飛んでいるマイナー三連発(リス、ブレ、ドンジー・ル・ペルテゥイ)

2018年8月、フランス中部(ブルゴーニュ、オーベルニュ+α)の旅その20

家の中の気温が30度とか超えていると、かなりお年を召したパソコンの不機嫌具合が半端ないもんで、変なことになってもいや、という気持ちもありまして、長いお休みになってしまいました。幸い、暑さがひと段落して、秋に参加する手作り品関係のイベントの準備も完了し、やっと、落ち着いてパソコンを立ち上げることができたというところです。
毎度のことながら、更新もないのに、お運びいただいた皆様には、申し訳ないことです。見捨てられそうなスケジュール感ですよね。
といって、これからは頑張ります!とも言い難い今日この頃のさぼり癖…。

さてさて、ブルゴーニュの、かなりマイナーな教会巡り、続けますよ。
次に訪ねた教会については、ほぼほぼ記憶なし、という状況ですが、写真を見ていたら、どうやら、町はずれの墓地にあったあれではないか、とかすかな風景が…。

2018 france centre 270

リスLysのノートルダム教会Eglise Notre Dameです。
たたずまいからロケーションから、すべてが限りなく地味な教会ですので、見学もさらりと。

地味ながら、ちゃんと開いているのが驚きです。

2018 france centre 271

ここでも、天井がオリジナルに忠実な様子の、木と瓦のシンプル構造。印象的ですが、これで、雨漏りしないんですかね?
村の小さな教会のまま、特段大きな改築もされないまま、現代まで生き延びてきたということなのでしょうね。よくぞよくぞ、と思います。このこじんまり感が、実に村の教会ってイメージですよね。

奥まった後陣に、うっすらとフレスコ画が残っています。

2018 france centre 272

中央に、アーモンドの中のキリストで、周囲に四つ並んでいるのは、構図的には、やはり四福音書家、ということかな。剥落がひどくて、ほとんどわからないのは、残念なことです。

トップの写真で、気付かれるかもしれませんが、後陣に軒持ち送りがあります。

2018 france centre 273

地味な上に、スペースの真ん中に小さいフィギュアっていうのが、なんでしょう?遠慮深げな石工さんですよね?ミニマルを意識したのかしらん、笑。

2018 france centre 274

怪しい顔を作ろうとしたのに、変顔にしかならなかった悪魔くん、みたいな楽しいフィギュアなのに、小さすぎです。

次に移動します。
この辺り、実に小さい村が続きます。わざわざ行くべきだったのかどうかもわかりませんが、取りつかれたように回っていました。ここも本当に小さい村で、そして、小さな教会です。

2018 france centre 275

ブレBrayのサン・クアンタン教会Eglise Saint Quentin。
見た目の面白さは、ほぼありません。
でも、こんな素敵な緑の風景を見下ろす、ちょっとした高台に建っていて、気持ちの良いロケーションではあります。暑くて、それどころじゃなかったような記憶もありますが、笑。

2018 france centre 276

外はともかく、中はちょっと雰囲気があるんですよ。全体に、こぎれいにはなっているのですが、それでも古色蒼然とした古びが、味わい深いというか。

2018 france centre 277

内陣がくっきりと分割されているんですが、この構造は、後付けのものかもしれません。
実は、こんな田舎の何もなさそうな村だというのに、そして、この教会が観光地であるはずもないのに、お父さんと娘二人という、観光客っぽくもないけど、地元の人とも思えない訪問客がいて、椅子に腰かけて、静かに祈っている様子だったのです。

独り占めであれば、迷わず、鉄柵を通り抜けて、内陣部分にずかずかと踏み込んだことでしょうが、どうも、祈っている人がいる中で、そういう行為はしづらく…。別に入ってはいけないということはないのでしょうか、自分が信者ではないせいか、信者の方には、逆に気を使ってしまうところがあるんですよ。

仕方ないので、目的だった、内陣入り口、要は勝利のアーチの付け根部分にあるという柱頭を、かなり離れた場所から、望遠で撮影しました。

2018 france centre 278

植物モチーフの、とても素朴な柱頭です。柱も、傷んでいるのか、他からの使い回しっぽいので、もともと傷んでいたのか、そういう状態です。

2018 france centre 279

よくぞこのようなところまで、丹念に回ったものよ、と我ながら感心しつつ、次へ。

2018 france centre 280

ドンジー・ル・ペルテゥイDonzy-le-Pertuisのサン・ジュリアン教会Eglise Saint Julien。
たたずまいが、こう見るとすっきりと美しいですが、11世紀創建当時の姿をとどめているのは、一つ後陣と、でっかい塔の一部だけかな。

気になるのは、鐘楼に上るための階段ですね。明らかに後付けだけど、こういう構造を見ると、どうしても登りたくなってしまいます。高いところに登りたくなるっていうのは、やはり、バカなんでしょうねぇ。

鍵は、村で誰かが管理しているという情報は持っていたのですが、同時に、中はどうでもいいかも、と自分で記していたので、慌てず騒がず、外観だけを楽しむこととしました。

2018 france centre 281

この素朴なロンバルディアスタイルは、大好物のやつ。それも、11世紀という時代をひしひしと醸し出す、アーチのゆがみ。

後ろ側から見て、右側の方、つまり、後陣が東向きだとすると北側に、頑丈に守られた聖人が。

2018 france centre 282

私の好みとして、つい、アーチ部分の面白い構造に目が行ってしまうんですが、この像の守り方、相当激しいですよね。守っているんだか、像を隔離しているんだか、という状態で、おそらくサン・ジュリアンさんでは、と想像するのですが、ちょっと狭いんだよ、ここ、と嘆いていらっしゃるのでは?とも思います。

2018 france centre 283

場所も高くて、あまりよく見えませんし、もうちょっと何とか居心地よい感じにしてあげられなかったですかね?

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
  1. 2019/07/31(水) 05:53:03|
  2. ブルゴーニュ・ロマネスク
  3. | コメント:0

印象派的な柱頭とキャラ立ちモディリオン(シセ・レ・マコン)

2018年8月、フランス中部(ブルゴーニュ、オーベルニュ+α)の旅その19

これだけ狭い範囲に固まっていると、無視するのが難しい感じです。で、前回のビシー・ラ・マコネーから15分足らずのドライブで、また次の目的地にたどり着いてしまいます。

2018 france centre 258

シセ・レ・マコンChissey-les-Maconのサン・ピエール教会Eglise Saint-Pierre。

全体に、山のリゾートといった趣の村で、夏休みを過ごしている風の家族連れが、うろうろしていたりしたのを、よく覚えています。確か、この教会のはす向かいに、シャンブルドットがあったような。
実は、そろそろトイレを求めていたのですが、残念ながらそれらしきものはなし。シャンブルドットも、日盛りですから、人の気配もないような感じで、頼めるような雰囲気もなく…。

外観は、几帳面な石積みの外は、装飾的な要素はほとんどなしです。鐘楼は、三階建てで、クリュニー様式とのこと。

2018 france centre 259

デコボコもなくて、実にきっちりとした石積みですよねぇ。加工しやすいタイプの石なのでしょうが、それにしても、こういう職人さんの仕事って、素晴らしいですね。自分には決してできない仕事なので、ただ感心感嘆いたします。
自分でできないというのは、根がいい加減なものですから、角や端っこまで、計算通りにぴっちり、というのがダメなんです。だから、洋裁はダメで、編み物の方が好きだったり(合わない場合は、引っ張って無理やり合わせる、笑)。建築関係って、計算通りに合わないとダメなわけですから、すごいですよねぇ。
この時期は、コンピューターどころか計算機すらないんですから、本当にどうやって、こんな建物を建てることができたのか。塔が傾いちゃうんだって、その方が当たり前じゃん!と思ってしまいます。

さて、内部は、白いですが、ありがたいことに、漆喰ぬりぬりの白さではなくて、白い石色の白さです。

2018 france centre 260

注目すべきは、いくつかの柱頭ですが、外部の石積み同様に、端正にきっちりと彫られた正確さが命!というようなタイプです。

2018 france centre 261

こちらは、現地にあった説明を参照すると、ダヴィデとゴリアテのようです。

2018 france centre 262

三面に、ダヴィデのエピソードが並んでいるようですが、ダヴィデに全面使うって、ちょっと珍しいような気もします。ゴリアテのエピソードなんて、他で見たことあったかしら?

一方、こちらはマリアのストーリーのようです。

2018 france centre 263

左が受胎告知なのかな。そしてご生誕だと思います。狭いスペースに、無理やり押し込めましたね。
さらに回り込んだ面には、羊飼いへのお告げ。

2018 france centre 264

構図、すっごく考えたんでしょうねぇ。で、全体の形は整って、細部は流している感じです、笑。

2018 france centre 265

印象派的な石工さんだと思います。ポイントはしっかりと押さえて、でも、詳細よりも全体の構図やスタイル先行、みたいな。またまた、勝手なことを言ってますな、笑。

一転して、こんなのもありました。

2018 france centre 266

グリーンマン状態になっている悪魔的な顔は、そのものずばり悪を表し、おどおど小さいフィギュアの人は、善を表しているのでは、という説明です。
この悪魔の顔、意地悪なオバサンとかおじさんの顔…。こういう人、いますよね。中世にもこういう顔の人がいたのかな。そして、悪魔としてあらわされるということは、やっぱり意地悪な嫌な人だったんかな。世界共通の意地悪顔、笑。

それにしても、すっきり端正な植物モチーフ、印象派的な流れるストーリーもの、そしてこういうシンボリックなもの、とかなり異なるモチーフが並んでいるのが、面白いですね。この辺りは、教会集積地だから、いろんな志向や景観を持った石工さん達が、うろうろしていたのかもしれないとか考えると、また面白くなってきます。

出際に、扉口を確認。

2018 france centre 267

お花モチーフで縁取りされたタンパンには、うっすらとフレスコ画が残っていますが、いつの時代のものなんでしょうか。ここの柱頭は、端正系です。
そして、装飾性が、ちょっとだけありました。

2018 france centre 268

軒持ち送りに、かわいいやつらが。
左側は上半身のちょっとだけ、飛び出ている風の小動物、構図がいいですよねぇ。右は、なんだろう?ガチョウの足の抽象化?

もう一人いた!

2018 france centre 269

これ、めっちゃ可愛いです。オリジナリティ高い!

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
  1. 2019/07/18(木) 05:36:12|
  2. ブルゴーニュ・ロマネスク
  3. | コメント:0

食事とトイレと教会と…(ユシジ―とビシー・ラ・マコネー)

2018年8月、フランス中部(ブルゴーニュ、オーベルニュ+α)の旅その18

また、ほんの5分程度の移動で、次の目的地についてしまいます。ふぅ。

2018 france centre 245

ユシジーUchizyのサン・ピエール教会Eglise Saint-Pierre(毎日8-20時)。

村の、住宅地にあります。
11世紀創建という情報に惹かれて、訪ねたのですが、鐘楼などの一部に、その名残がうかがえるくらいで、全体には、あまりにも美しく修復整備されており、期待していた姿とはちょっと違うものでした。

2018 france centre 246

緻密な石積みは、それだけで美しさを醸し出しますが…。
内部はもう全体にキラキラで。

2018 france centre 247

清潔に美しく保たれているのは、地域で大切にされている証拠。ロマネスク的にはがっかりしてしまうわけですが、教会としては幸せなあり方だと思います、涙。自分で書いといて、なんですが、「教会としては」という視点、わかるようなわからないような、笑。

2018 france centre 248

現代のステンドグラスが、ちょっと面白いものでしたよ。
これは教会が捧げられているピエールさんでしょうね?聖お兄さんで言うところのペトロンが、信者を釣り上げているらしいですが、真っ先に釣り上げられいている人、眼鏡です。

しかし、愛される教会っていうのも大変だな。

2018 france centre 249

というようなすさまじい装飾性で、さらに疲れが…。
そして、実はトイレの必要性にも迫られておりました!
で、教会の外でごみ収集をしていた人に、不自由なフランス語で、近くにレストランがないかを尋ねました。ユシジーにはないし、近くといってもなぁ、としばらく考え込み、こう行ってああ行って、と道を教えてくださいました。
が、道順というものは、わたくし、いまだにイタリア語でもわからないんですから、フランス語がわかるわけもなく、一応、彼が指示した方向に走り出したものの、すでに、頭の中は真っ白です。

仕方なく、次の目的地をナビに入力して、そちらに向かいながら、何か認めたらすかさずに停車する、という素朴な作戦としました(尋ねた意味なし、ということです、笑)。

結局、次の目的地に到着してしまったんですが、なんと、村に入った途端に、何か食べられそうな店の看板が!

2018 france centre 250

何が目的でここに来たかとか、そういうことは忘却で、とにかく車を停めて、店に駆け込みましたね。オアシス?まさにそういう感じでした。

2018 france centre 251

Restaurant Le Bissy
6 Rue de Macon, Bissy la Maconnaise

13.50ユーロのメニューがあり、前菜、メイン、ワイン250ml、デザートまで混み!超お得感あり、おいしかったし。お勧めです。

それにしても、スマホ持ってたのに、なぜ、検索しなかったのか。やはりどこまでもアナログ人間なんですねぇ。そういうことが思いつかないって。

さて、食料も水分もしっかり摂取して、すっかりと落ち着いて、そうだったそうだった、と教会のことを思い出します。Bissyには、教会のために来たんですから。いや、ランチとトイレのために来たのか、なんだかこうなると、順番わからなくなりますね。

実は、教会の向かいにある、この、どっちかというとしょぼい建物が、目的でした、笑。

2018 france centre 252

ビシー・ラ・マコネーBissy-la-Maconnaiseのサン・シル・エ・サント・ジュリット教会Eglise Saint-Cyr-et-Sainte-Julitte。

2018 france centre 253

後陣側は、もうちょっと姿がよいですが、残念ながら壁に囲われちゃっているので、全体を見ることはできません。
中は、オリジナルを髣髴とさせる木製の天井となっているのですが、壁は例によって真っ白にされてしまっているので、雰囲気は損なわれますね。

2018 france centre 254

ただ、明るさはあります。これは白いおかげでしょうね。

後陣の方に、古い構造が垣間見えます。

2018 france centre 255

フレスコは、ゴシック時代以降のものとありましたが、いずれにしても、うっすら程度です。

2018 france centre 256

後陣の開口部は、本来は、左側のような細さだったのを、後代に採光のために大きくしているんですかね。そのあたりの構造の変更というのは、正直、どこまで改変がされているのかよくわからないところがあります。
後陣の外側が、装飾的だったりすれば、あまり手はかけられないと思いますが、ここのようにシンプルだと、そういうことをしている可能性もありそうです。

一見、教会には見えないスタイルです。

2018 france centre 257

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
  1. 2019/07/15(月) 01:14:38|
  2. ブルゴーニュ・ロマネスク
  3. | コメント:0
次のページ