fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

ジュクジュクのやつ…(番外その1)

ビザンチンと猫にどっぷり、テッサロニキ弾丸ツアー(2019年11月)、その番外

この辺りで、ちょっと面白いことがあったので、番外編にします。

次の教会を探しながら、住宅街の分かりにくい道にきて、通りすがりのおばさんに道を尋ねたのです。英語で聞いたのですが、立ち止まったおばさんから返ってきたのは、なんとイタリア語でした。
今でもよく分からないのですが、こちらの発言にイタリア語が入っていたのか、激しいイタリアなまりだったのか、笑、とにかくイタリア語で、道を教えてくれました。

そして、ありがとう、と別れようとすると、ちょっと待って!と、傍らの家に駆けこんで、すぐに戻ってきました。手に持っていたのは、なんと…。

salonicco 244

枝付の柿でした!

ここ私のうちなんだけど、立派な柿でしょう。食べきれないし、どうぞ持って行って、と三つも四つも実をつけている枝を渡されました。ちょっと戸惑っていると、家の入り口辺りで作業していたパートナーらしいおじさんが、「それは、まだ熟れてないから、今食べごろなのがあるから!」と、二つの柿をナプキンにくるんで、いそいそと渡しに来ました。

イタリアにも柿はありますが、食べ方が日本とは全く違います。日本から渡来した柿は、渋柿だったようで、イタリアでは、ぐじゅぐじゅに熟したものが柿です。渋柿は、干し柿にするか、ジュクジュクに熟すまで放置しとくと、脳天突き抜けるくらい甘くなるんだよね。で、どうやらギリシャでも同様だったらしい。
わたし、本来柿は苦手な果物で、特に少しでも熟したやつはダメ…。これ、絶対ダメなやつじゃん…。同行の友人も、ほぼ同じ。

でも、嬉しそうにプレゼントしてくれて、嬉しそうに見送ってくださっているご夫婦を見たら、若干ひきつっていたと思うけれども、ニコニコとお礼を言って、歩きながらひとなめ、二なめ…。
本当に脳天突き抜ける甘さで、体力回復の糖分として、若干役だったかもだけど、角を曲がって、ご夫婦の姿が見えなくなってから、速攻、道端のごみ箱に捨てさせていただきました。申し訳ないが、仕方ない…。

でも、枝付のしっかりしたやつは、捨てるに忍びなく、ホテルまで持ち帰って、レセプションのお兄さんにもらってもらいましたとさ。

テッサロニキの人たちは、英語堪能だし、イタリア語も結構いけるんかな。それにしても、感じの良いご夫婦だったなぁ。とはいえ、数日、どころか二日しかいない旅人に、熟すまで食べられない柿…。柿が日本起源だからとか、そういうわけでももちろんなかったし、不思議だよねぇ。いわゆるおもてなし、精いっぱいの気持ちってやつだったんかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログです。最近のミラノの様子などをつづっています。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
スポンサーサイト



テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 2023/03/21(火) 18:01:21|
  2. ビザンチン
  3. | コメント:0

青黒く苦悩するジュゼッペ(オシオス・ダヴィッド教会 その2)

ビザンチンと猫にどっぷり、テッサロニキ弾丸ツアー(2019年11月)、その21

オシオス・ダヴィッド教会(Osios David-Monastery of Latomou)、続きです。

salonicco 234

今ある形は、こういったシンプル極まりない様子で、図面右側にある小さな部分が入り口になっています。
元々は、左下にある点線部分も建物で、ギリシャ十字を形作っていたはず(多分、ミナレットがあった?)。その十字の中心には、ドームが持ち上げられるスタイル。

salonicco 235

今の入り口側からしか、建物の様子は見えないので、上は本からの借りものです。結構昔の写真ぽいですが、後陣の位置から、写真の奥の方が、今の入り口になるようですね。
解説には、以下のようにあります。
「ドームの形はいびつ。ペンデンティブによって形作られた円形を活用した半円ではなく、ラベンナのガラ・プラチディア例行にあるようなタイプのドーム。ギリシャ十字をベースにした十字の上に建つタイプ。」とありましたので、過去の写真を探してみました。

salonicco 236

内部は丸いドームだけど、外側は丸くないっつーことかな。
ガラ・プラチディア、2015年に行ったのが最後みたい。もう8年たつのかと驚いた。再訪したいけど、行く度に観光地化がすごくて、それはそれでいやだったり、複雑…。
おっと脱線、戻します。

さらに解説。
「この教会は、建築史上、非常に重要な意味を持つのである。なぜなら、初期の十字型ドームを採用しているからだ。そのスタイルは、この後、10世紀以降、広く用いられるようになっていくのだ。」
ということ。起源古いから、古いってことよね、日本語変、笑。
トルコ人にモスクに転用された際に、ちょっと手が入ったりしているようで、それで、全体が分かりにくくなったりはしてるみたいですね。
でも、トルコ人って、驚くくらい手を入れないで、転用してるよね。様式的なことには、あまり興味がなかったんだね。

建築に関してはこのくらいで、内部の宝物、見ていきましょう。ここ、モザイクに加えて、この教会には、12世紀半ばとされる壁画があります。

salonicco 237

暗いのと、痛みで、かなり見にくくなっています、残念ながら。確か、モザイクの方は、明りがあったと思うけれど、こちらはなかったし、入り口からの外光が、逆にコントラストで暗闇を作ってしまう感じで、肉眼では、上の写真よりももっと暗い状態でした。

「近年、1973/76、モルタルの下に隠されていた壁画が発見された。
それらは、教会の多くの遺構よりは、かなり遅い時代、おそらく12世紀半ばから14せいきにかけて描かれたもので、この町において、他に存在しない時代の壁画であるために、大変重要なものだ。
内容はキリストの誕生と洗礼が、教会の南側アーチに描かれている。
ここから続く後の時代へと、絵画の大きな発展を彷彿とさせる要素について、今では認識されている絵画である。」

salonicco 238

確かに、相当写実が入っていて、12世紀でも後半以降だろうなってようすですよね。それにしても暗いので、書籍から拝借。

salonicco 239

おっと、キリストが妙なイケメンで、身体と顔のアンバランス感もすごいな。
後さ、マリアの腕の二本線、何だろうね?今どきのタトゥーみたいで不思議。

salonicco 240

これは被昇天かと思っちゃったら、お誕生の場面だった。見えなすぎ。
本の写真からは、こんな様子。

salonicco 241

キリストは、若干チアノーゼ的な顔色だけど、その向こうには、ちゃんと馬や牛もいるね。しかしチアノーゼはともかく、マリアも憂鬱そうで、全体が陰鬱なお誕生になってるのは、やっぱり暗い色になっちゃってるからかなぁ。

salonicco 242

こういう状態の中では、大変良く残っているヨゼフの苦悩が、全体を覆っているような…。辛そうだよね、端っこの方でひっそり自己主張してるけど。
実際は、すごく美しい青などが使われていて、鮮やかなフレスコ画だったとも想像します。もうちょっと明りサービスがあれば嬉しいんだよな、この町。

salonicco 243

牛や馬は、結構楽しそう。しかし、キリストの達観したチアノーゼ顔よ…。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログです。最近のミラノの様子などをつづっています。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2023/03/20(月) 18:31:13|
  2. ビザンチン
  3. | コメント:0

おちゃめな預言者(オシオス・ダヴィッド教会 その1)

ビザンチンと猫にどっぷり、テッサロニキ弾丸ツアー(2019年11月)、その21

次に向かう教会は、まさに住宅地の中に埋もれていて、小路をたどってしかたどり着けない場所にあります。それもアップダウン、結構激しいし。

salonicco 221

テッサロニキって、港近くの地域は平地だし、狭い地域に密集しているので、短時間でも回りやすいけれど、この丘の上の方は、かなり大変。
おなじみのにゃんことの遭遇率も高いけど、坂道行ったり来たりしてると、遊んでいる余裕もなくなります。かわいいいい、とかつぶやきながら、思考停止で脚は先に進む、みたいな状態に…。

salonicco 222

着いた時はびっくりしました。地図を見ながら進んだら、小路の突き当りに木戸があって、さすがにこれは違うよね、と引き返そうとしたら、木戸のところにいたおやじが来い来いと呼んでくれて。

salonicco 223

オシオス・ダヴィッド教会(Osios David-Monastery of Latomou)です。
半信半疑で木戸を入ってきたけど、この様子、疑惑マックス、じゃないですか、笑。

起源の古い古い教会ですが、もはや一般の一軒家にしか見えないたたずまいです。

(さらりと始めてますが、実は怒涛の年度末激務で、余裕のない日々を送っとり、約二週間書けなかったので、調子が出ないです…。)

話戻します。
そう、今や田舎の一軒家、それも結構しょぼい系にしか見えないたたずまいですが、実は、とても古い時代に建てられたものらしく、その創建の逸話もとてもドラマチックです。

「古文書の記載によれば、預言者ザカリアに捧げられた教会が5世紀終わりごろにできた。同時期にモザイクが作られ、装飾的な壁画も施された。資金は匿名の女性によって拠出されたと、モザイクの下部にある碑文に記されている。古文書によれば、その女性は、テオドラ、つまり、キリスト教迫害を行った皇帝Maximianの娘である。」

若い娘が親に背いて、内緒で改宗するというのは、聖人伝説などで、よくある話ですよね。若い娘、場合によっては少女だったりしますけど、そういうケースがなぜ多いのか、ふと考えてしまったんですけど、聖人伝説的なアピール目的もありそうですし、また、女性が抑圧されていた時代を写す面もあったかもしれない。
ローマ帝国は、男文化なんですよね。ローマが叩き潰したエトルリアでは、女性の権利も非常に守られていたようで、大変好ましい時代、民族なんですけれど、ローマで女性の権利はなくなって。
ローマで広く信仰されていたミトラ教は太陽神信仰で、ミトラはマッチョな男性像だし、あまり知らないので何とも言えないけれど、男性中心社会に合った信仰だったのかもしれなくて、そういうところでも女性には救いが少ないとか抑圧が激しくあった結果もあるのかもしれない、なんてね。

おっと、脱線しました。

何はともあれ、テオドラは改宗して、祈りの場を欲しいと思って、健康のためとかなんとか理由をつけて、親に自分専用のバスルームをおねだりしたんだそうです。祈りの場にふさわしく、モザイクで装飾もしたものの、親にばれたら困るので、せっかくのモザイクを隠すような工夫をせざるを得なかったとか。

詳しい記述はなかったのですが、テオドラさんは、どうやら殉教したようですが、この祈りの場は長く残り、あ、もちろん家屋の一部としてですけどもね、それが、800年代早々に発生した地震の際、倒壊によってモザイクが発見されたんだそうです。

salonicco 224

モザイクの保存状態は、現在の建物の状態を思うと、びっくりするくらい良いのです。それは、長い歴史の中でも、おそらく覆われていた時代が長かったから、ということにつきそうです。上の逸話の真偽は定かではないにせよ、当初も300年くらい覆われて放置されていたようだし、その後、トルコ人占領下でも、モスクへの転用があったことから覆われていて、最終的に1921年に発見されるまで、誰一人、このモザイクのことは気付かなかったということなんです。

では、後陣全体を覆うモザイクを見ていきます。テーマとしては、預言者エゼキエルの視点での場面ということらしいんですが、中央に、大変若々しい様子のキリストがいます。

salonicco 225

髭のないキリスト像は、大変珍しいようですね。つるん、としたちょっと中世的な様子もあるお顔。そして、ノーブルで品があって、威厳というよりも、高貴な人、という印象が強くあります。
キリストの左上の方に天使がいますけれど、これまで見てきたモザイクでも、こういう強めの、ビザンチン的な表情というのか、造作というのか、いずれもイケメンだけど、はっきりしたお顔が多いですよね。

salonicco 226

そういう中で、ここのキリストの顔は、いわゆる甘いマスク、となるのかな。でもそれよりも天井の人的なふわふわした高貴さが半端ない。

salonicco 227

この天使は、羽根にたくさんの目があるので、セラフィムのようです。
キリストは、バブルのような球に包まれて、虹の橋に腰掛けて、全力で天国感出しています。
球の周囲に、四人の福音書家のシンボルがありますが、これがまたかわいいんですよ。
ちなみに、左上のセラフィムは、一応マッテオということらしい。

salonicco 228

左下にいるマルコ。美しい福音書を持っているけど、どうにも人間臭い顔が、妙に親しみを感じるやつ。

salonicco 229

こんな愛らしいルカを見たことがあっただろうか?!いや、なかろう、という構文的な感想が出てしまうくらい、チャーミングなルカが右下にいます。こんな目でお願いされたら、もうなんでも言うこと聞いちゃうよね、という少女漫画の目をしてるんだもん、びっくりする。その上、上目遣いで舌ペロンよ。これはほとんどの人がやられちゃうよね。

salonicco 230

こういう中では、至極普通な様子で描かれているヨハネ。鷲のくせに、笑、セラフィムの翼をもってますね。

限りなく高貴な様子のキリストを囲む福音書家は、とっても世俗な様子で、その落差も面白いところ。解説では、「動物を描く写実性は、ギリシャやローマの流れをくむもので、そこからも作られた時代が考察されている。」とありました。

個人的に最も面白かったのが、実はテーマのもととなっている預言者さん。

salonicco 231

やばくない?
赤ちゃんにベロベロバーとか、変顔して遊んでいるとしか思えなくない?

でもね、これはどうやら忘我の様子を表すポーズらしい。
この預言者が見た風景、解説はこうなってます。

「エデンの川であるPhyson,Geon,Tigrisそしてユーフラテスが、キリストの足の下をHobar川に流れこんでいる。それらが、全体図の下部に、素晴らしい青色を挿入している。
下の左側に、預言者エゼキエルがいる。川岸にいて、奇跡の前に忘我の様子。そして右側には預言者ハバククが、威厳のある様子で瞑想している。」

右側にいる預言者ハバククさんは、どうかというと、まさに解説通りのたたずまいでいらっしゃいます。

salonicco 232

ね。
これに比べて、エゼキエルのおちゃめぶり、笑。
こんなおちゃめなエゼキエルが他にあるだろうか、いや、ないだろう。構文、笑。

ちなみに、エデンの四つの川って、割と出てくるアイテムだけど、ちゃんと抑えてないことに気付きました。ちょっと勉強してみよう(ググるだけですけど…、笑)。

salonicco 233

大変こじんまりした教会ですが、見所他にもありますので、続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログです。最近のミラノの様子などをつづっています。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2023/03/18(土) 12:20:42|
  2. ビザンチン
  3. | コメント:0

にゃんこまみれゾーンに突入(預言者エリア聖堂)

ビザンチンと猫にどっぷり、テッサロニキ弾丸ツアー(2019年11月)、その20

さて、ここからは、町の中でも高台になっている地域となります。

salonicco 206

港側一帯は、東西にまっすぐの大通りが何本か走っているので、比較的方向が分かりやすいのですが、上の簡略地図でも分かる通り、港から離れた地域はかなりぐじゃぐじゃ。その上、全体が斜面なので、上り下りもありまして、方向音痴には相当むずいウォーキングとなります。
一方で、どこもかしこも、基本住宅地ということもあり、猫遭遇率すごいんです。

salonicco 207

飼い猫風も混じっていますが、ほとんどはノラちゃんぽく、住人の人がご飯をあげている様子でした。だからなのか、皆さんくつろいでいて、人なれしています。

salonicco 208

カリカリが、実際に猫が食べる分以上って感じの量が豪快に置かれています。どのにゃんこも、しっかりと育っている様子。テッサロニキには猫好きしかいないんかな。

とにかく、迷いながら歩いて、あ、間違えた、となっても、どの小路でもにゃんこが迎えてくれるので、決して間違えを後悔する必要もなく、その点では楽しいウォーキングができる町です。猫が好きな人なら、あ、きっと岩合さんも行ってるだろうねぇ。猫と遊ぶためだけに行っても、楽しいハズ。

salonicco 209

そんなお散歩をしながら、丘のかなり上の方の教会にたどり着きました。

salonicco 210

預言者エリア教会Church of Profitis Ilias / Prophet Eliasです。
ここもまた、英語名称でも、なんだか複数出てくるからややこしいですが、預言者の名前は、おそらく日本では一般的にエリアだと思うので、そういう表記にしておきます。

プランを見ると、結構シンプルで小さな教会かな、と思ってしまいます。

salonicco 211

でも、実際は、全体にごてごて、長年の間にいろんなものが付け足された結果何ですかね、上のプランのような単純なスタイルには見えない様子になっていると思います。

salonicco 212

自分では、西側からしか撮影できていないようなので、上の写真は本にあったもの。これは後陣側と思いますが、南側の翼廊みたいな部分が突き出しているのと東の後陣との間に、ミニチュア教会みたいなのがくっついてたり、こういうのがわけわかんなくしてるんだよね、全体像を。
カトリックの教会は、シンプルな四角とか、すごく分かりやすい十字とかが多いし、付け足すにしても、側廊に礼拝堂作るとか、後陣一回り広げて周歩廊とか、元も外枠は割と守る感じがあるけど、ビザンチンの付け足しは、なんか激しいのかなぁ。あ、オスマン・トルコの改変もあったりするから、複雑になるのか。

それはともかく、この教会は、外壁のレンガ装飾が素晴らしいです。

salonicco 213

ほれぼれする緻密で独創的な装飾です。
軒送りののこぎり歯、これは、特に私の住まう北イタリアのロマネスク教会でもよく見られるものですが、二段で、執拗なまでのギザギザぶりとか、その下の、ミニチュア円柱が並んでいるみたいな帯とか、なんかすごい職人技です。

salonicco 214

小さなドームに開けられたほっそり窓の上の部分、三つそれぞれが違うモチーフっていうのもすごいです。いやもう、職人さんが楽しんで作っているとしか思えないけど、どうなんだろうか。

salonicco 215

これは、見ていて飽きないやつですわ。現場だと、目移りしちゃうから、じっとしてられずに次に次に行っちゃうけど、こうやって写真で改めて見ていると、一枚一枚、ずっと見てられるくらい面白いです。消しゴムハンコのモチーフにもなりそうです。

これは解説でも語られていて、実は内部は割と稚拙な建築となっているが、外側に使われた技術は素晴らしい、と書かれていました。

「修復の責任者だった研究者は、教会の基礎も建築も、不器用な技術でなされているが、しかし、陶器の装飾が施された教会の外側は、熟練した技術者の仕事であるとしている。
装飾は、ビザンチン中期の典型。
三つの大きい後陣の開口部やブラインド部分、そしてドームは、一連の装飾的アーチが施されている。すべてのラインが、カーブしているものもまっすぐなものも、その外側が、のこぎり歯状のタイルまたはその他の陶器によって強調される装飾が施されている。
この装飾は、トルコの占領時代、大きなバットレスの下となり、消失してしまった。
バットレスは、ドームの下の構造物を支えるため置かれたもの。」

中の工事やった人、プンプンしちゃいますね、笑。

内部が稚拙かどうかなど、私にはもちろん分かるはずもありません。壁の傷みが激しかったのか、今はかなりの部分、真っ白の漆喰塗で、風情がないのはまちがいなし。

salonicco 216

「預言者エリヤは、十字架スタイルで、四つのトンネル・ヴォルトに支えられたドームを中央にしている。これらトンネルヴォルトは、オリジナルでは、四本の円柱の上に建つものであったが、それは、このタイプの教会のための建築規則であった。しかし、後代に、東側の二本の円柱が、建物を支えるために付け足された薄い壁の中に取り込まれて消失、そしてトンネルヴォルトは、あたかも教会の壁から立ち上がっているような状態となってしまったのだ。」
「修復作業により、東側の二本の円柱が見つけられた。
ドームの東のトンネルヴォルトと東側後陣の間に、追加されたトンネルヴォルトがあり、それは、聖所の後陣のある東方向に拡大している。その後陣に加えて、教会は、その北及び南に、同じような後陣を持つ。それによって、プランは、三つ葉、アトス山の教会の形となっているのである。
南と北の後陣は、内陣席の僧のためのもの。」

よく分からないながら、各後陣が聖職者に向けられたものだとすると、一般信者のいる場所はナルテックスになっちゃうのかな。

ここの起源ですが、今の定説は、修道院の教会だったというもののようです。

「預言者エリアは、中世の修道院Nea Moniのメイン教会であったと考えられている。その修道院は14世紀に、当時有名だった僧侶Makarios Humnosと、その弟子である僧ガブリエルによって創建されたとされている。
ガブリエルは、Makariosがテッサロニキを去ったあと、修道院を統率した。
その説を唱えた研究者は、Nea Moni修道院が、古い宮殿のあった場所に建てられたという証拠があることを考察した。宮殿は、ローマ帝国(ガレリウス)のものではなく、ビザンチンの建物であった。
トルコ人が、預言者エリアをモスクに転換した時、それを”古い宮殿のモスク”と呼んだ。」

創建は14世紀とのことです。
高台で、往時は、周りに何もないような、いかにも修道院にお似合いの場所だったのかな。

ちなみに、漆喰塗がない壁には、壁画が結構あるのですが、痛みが激しいのです。

salonicco 217

外壁の一部にも。

salonicco 218

聖人のお姿が多いようですが…。

salonicco 219

本には、こんな立派な写真が掲載されていました。幼児虐殺の場面らしいです。全然分かりませんよ、現場では、涙。

外付けの礼拝堂みたいな場所だったのではなかったかと思うんですが、不思議なものがありました。

salonicco 220

お灯明をあげる場所だと思うんだけど、なぜ、外において、こんな御大層な様子になっているのやら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログです。最近のミラノの様子などをつづっています。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2023/03/05(日) 18:47:04|
  2. ビザンチン
  3. | コメント:0

最後に大好物を(サン・デメトリアス聖堂 その4)

ビザンチンと猫にどっぷり、テッサロニキ弾丸ツアー(2019年11月)、その19

アギオス・ディミトリオス聖堂Agios Dimitrios/Basilica of St Demetrius、最終回です。今回は、好物は最後にいただく方式で、大変お待たせでした、笑。

見ていくモザイクは、内陣域の柱に置かれた以下となります。
これまでの記事で書いてきたように、この教会、長い歴史の中で多くの手が入っていますし、建物自体もほぼ再建状態のため、これらモザイクが、もともとどこにあったかは不明のはずです。

salonicco 193

では、まずは3番のモザイクから。
聖デメトリアスと、教会の創設者二人の図像。残念ながら、必ずしも正面から撮影できる位置にあるわけじゃなくて、これなど、相当苦労していますね。

salonicco 194

「デメトリアスが、教会の創設者二人と並んでいる。彼の右には司教Ioannisがあり、左には、役人Leontios。寄進の碑文は、”あなた方は、蛮族を撃退し町を救った聖デメトリアスの両脇にいる、この栄光ある教会を建てた人々を目にしています"。」

彼らは、7世紀の教会損壊後に、再建を実施した正式なメンバーとなります。聖人が、両人の肩に手を置くことで、彼らを承認していることを表しているそうです。
司教と役人は、光背ではなく四角い何かを背負っていますが、これは生存者の印なのかな。ローマだと、この四角は、大抵水色の濃い色で、創建時の司教とかにつけられていて、それはその当時生存していたことを表すと読んだことがあるのですが、ここではどうなんでしょう。

salonicco 195

左側のこの人は、世俗の人で、いかにもそういう様子で表されていますよね。見方によっては山賊…、笑。聖人に肩を抱かれて、ちょっと困ったな、落ち着かないな、という様子まで見て取れるとは、モザイクなのに微妙な表現力すごいです。いや、勝手にそう思ってみてるだけなんですけどね、笑。

次4番は、上のモザイクと同じ柱の右隣となります。

salonicco 196

祈りのポーズの聖Sergios。この方は、紀元296年にローマで殉教された聖人ということです。このモザイクについては、詳しい説明は見当たらないのですが、紫の上位をまとい、首には、軍人の勲章が描かれているとありました。
お召し物にある大胆なモチーフと混ざって、よく分かりませんでしたが、アップすると、なるほど、勲章っぽいものを首から下げています。

salonicco 197

ということは軍人で聖人なのですね。なんか軍属出身聖人比率、高い?

それにしても、クラッセの色を彷彿とします。あそこは後陣にある大きなモザイクが素晴らしいのですが、特に緑と青の美しさ、暖かさに魅力を感じます。ここでも、やはり緑や青の使い方が、美しいし、青など本来寒色なのに、緑との組み合わせの妙なんでしょうか、暖かいように感じるんですよね。

5番は、デメトリアスとある聖職者の、いわゆるツーショットです。

salonicco 198

ここは詳細な解説があったので、以下。

「これは、1917年の火災の跡、最後の再建の間に発見されたもの。聖デメトリアスの司教に対する尊敬が、その右腕を聖職者の肩にかけていることからうかがえる。
聖人の頭部の周囲に置かれた明るい色の四角い背景は、光背としてあらわされているようだ。
これらフィギュアは、市壁の外側に建っているように表されていると。そのため、四角い光背の周りの四角い模様は、テッサロニキの戦いを表していると考える向きもある。
二人の足元にある碑文は、”キリストの殉教者に祝福を。あなたが愛する町、その市民、そして訪問者ともに大切にしよう”」

ここで、四角い光背の話が出て来ましたが、そのものについては、分からず仕舞ですね。
それにしても、デメトリアス、肩を組むのが好きだったんですかね、笑。というよりは、きっとこのモザイクの時代、そういう仕草が、信頼を表すものだったのでしょうね。面白いのは、この肩を抱かれた聖職者さんも、上述した役人さんのように、ちょっと困ったような表情をしているし、身体もカチカチに緊張している様子が見られることです、笑。

一方ここでは正面から見られて、デメちゃんの様子もばっちり、保存状態もばっちりな中、その自信たっぷりな、何なら映え写真ポーズにも見えそうな様子はさすが、大都市の守護聖人だけある聖人です。

salonicco 199

次は6番。

salonicco 200

「二人の子供と一緒の聖ジョージ
おそらく子供の親が、子供が病気から治るなど、聖人によって救われたことに対して、寄進されたものと考えられる。聖人の右手は、祈りのポーズとなっている。人々のために祈るポーズ。モザイクの製作は、聖ジョージと教会創設者のモザイク、また聖ジョージと司教のモザイクと同様、モザイクの中では最も古い時代のものと考えられる。7世紀、損壊と再建の後ではないか。
これらモザイクの中で聖ジョージは、未来を見るようなスタイルで表されている。彼はチュニックChitonをまとい、豪華なマントChlamysを常に右肩にバックルでとめている。」

このモザイクは、解説が混乱していて、現地で入手して、主に今回の参考としている本では、上のようにジョージ、となっているのですが、もう一冊の本では、これもまたデメちゃんとなっているのです。

そちらの解説は以下。
「聖デメトリアスと男女の子供。子供たちは、身にまとっている衣装から、高貴な家庭の子供であることが分かる。聖人は、右手で祈りのポーズを取り、左手は女の子の肩に置いている。」

さてね。

salonicco 201

salonicco 202

髪型もすごく違うし、顔立ちも違いますけど、これは寄進ベースで作られているわけですから、モザイク職人も違えば、寄進者の意向も反映されている可能性もあって、何とも言えないですね。
ただ、まさにその寄進、というポイントから言えば、それも子供が救われた的な非常に卑近な理由による寄進であるならば、やはり当地で身近だった聖人デメちゃんをフューチャーしている方が理にかなっているように思われますので、ここはデメちゃん説を取りたいと思います。ま、どっちでもよかろ、ということですけどね、笑。

ちなみに、ジョージとした方の本は、1913年に書かれた書籍を改定したもの、とあり、もう一冊は1997年発行とあるので、20世紀初頭あたりはジョージ説だったということだったのかもね。

最後は7番、子供のモザイクの右隣にあるやつ。

salonicco 203

これまた、撮影がむずい場所だったのと、見た目、あまり好物じゃなかったんですね、私、笑。例によって、研究者じゃないし、好き嫌いベースで見ておりますから、撮影内容は好悪をもろに反映してて、我ながらあきれるときがあります。フィルムカメラの時代ならともかく、デジタルなんて何枚撮ったって痛くもかゆくもないのに、時々変に節約するんですよね。ってか、好物じゃないと、さらっとしちゃう。それで、三年もたって、ちっとかしてるの、我ながらやめてほしいわ、笑。

「聖母と聖人のモザイク
聖母及び聖人とも、片手、または両手で祈りのポーズを取っている。二人のフィギュアの上に、天国から彼らの言うことを聞き、右手で祝福を送るキリストの姿がある。」

salonicco 204

この細かさよ!ビザンチンの技術力見たり!って感じ。キリストの右手なんて、どれだけ小さいテッセラなんでしょう…。職人さんに尊敬しかないです。

「聖母は、手にパピルスの一冊を持ち、そこには以下の言葉が書かれている。”素晴らしい神よ、人々のために祈る私の祈りを聞いてください。”
このモザイクは、信仰篤いテッサロニキの市民が、病気快癒のために寄進したもので、寄進の碑文は、最初の部分が消失しているが、”人々の中で私は希望を失ったが、しかしあなたはあなたの力を私の人生に与えてくれた。私はこの寄進をすることで、感謝の気持ちを表します。”
聖人は、聖Theodorusと考えられる。」

これら以外にも、大部分が損壊してしまったものとか、壁画、見逃しもあるんですけど、きりがないのでこの辺にしておきます。

salonicco 205

丹念に見ていけば、やはり、一日では見切れないということが分かります。どうしても余裕がないから、気持ち的にも次へ次へとなってしまうし。
まだ、欧州内の航空券事情はあまり見ていないのですが、以前のように激安チケットがあるなら、また週末利用で行ってみたいと考えています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログです。最近のミラノの様子などをつづっています。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2023/03/04(土) 18:35:23|
  2. ビザンチン
  3. | コメント:0
次のページ