fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

ライオンに守られた(脅される?)洗礼盤、再び。サントーニャ。

カンタブリア・ロマネスク、その27

バレージョBareyoのあと、エスカランテEscalanteという村にあるはずの礼拝所のような教会を探したのですが、どうにも見つからなかったのであきらめ、向かったのは、サントーニャSantona。

だめなときは本当にだめ。特に町はずれにあるような礼拝所などは、道路標識が頼りになることが多いので、その土地でいかに大切にされているか、ということが、見つかるか見つけられないかの差になったりしますねぇ。
あとは、自分のやる気にもかかっていますけれど。このときは、もう旅の終盤(最終日の前日)だったため、疲れもピークで、執着に弱気が見えていました。あきらめも早いわけです。

さて、サントーニャですが、これは結構な町のはずれにある、結構立派な町の教会でした。サンタ・マリア・デル・プエルト教会Iglesia de Santa Maria de Puerto、または、ノストラ・セニョーラ・デル・プエルト教会Iglesia Nuestra Senora de la Virgen de Puerto。




見るからにゴシックが主という感じですが、一個見逃して、はるばる来た感もあり、期待したいところです。
周囲は柵で囲まれた広い敷地となっています。門が開いていただけでも、満足すべきなのかも。
どうやら、かつては、9世紀初期創建の修道院があったようです。とは言え、今ある教会は、13世紀に建てられたもの。やはりゴシック入っているわけです。

いやん、ポルタイユも、ゴシック臭ぷんぷん!




アーチの先っぽがちょっととがっているだけで、なんかだめーと思ってしまう、この感覚、何とかならないですかね。千年以前の雄大な話をしている中で、100年くらいの違いがなんだろうと思うんですが、この違いが無限に大きいというのは不思議なものです。

でも、ところどころ、名残がありますね。




実はたどり着いたとき、大清掃中で、もうしばらくで終わるから、と中には入れてくれなかったのです。というわけで、近所のバールでカフェを飲んだり、清掃中の人の犬と遊んだりして時間をつぶす羽目になりました。

一応周囲は見て回ったのですが、ほんの一部しか、ロマネスク見所はありませんで、時間をもてあましてしまいました。
その一部は、たとえば南側にある扉周辺の装飾とか。




シンプルながら、古い彫り物があります。残念ながら、磨耗が激しい。




でも、扉も半円アーチだし、こちらはロマネスクが残っています。




さらに地味な名残としては、軒下に並んだ、お干菓子系超浅彫り。




超シンプルだけど、シンボリックな単純なモチーフが横並び。深読みすれば、これなど性器にも見えたりするんですが、どうでっしゃろ?




さすがに待ちくたびれたので、催促すると、まだ床がぬれているから、滑らないように気をつけてくれれば、ということで、入場できました。




こんな感じなので、一瞬腰が引けますが、いやいや、せっかく30分近くも待ったのだから、と気を取り直して、ディテールの観察に入ります。

ゴシック・テイストが若干入りますが、なかなか面白い柱頭がたくさんあります。




つるつるした質感そのままの彫り物と、やけに細かい手の込んだタイプと、色々。テーマも様々です。




そして、バレージョに続いてここでも、面白い洗礼盤がありました。




すごい~、立派!正面。




ここも、足のところは、ライオンが二頭です。バレージョのライオンよりもお茶目な感じ。
水盤周りは、ただ装飾的なものですね。勿論、このあみあみ組紐系が永遠などを表しているシンボリックな装飾だとは思いますが。

後ろ側。




尻尾を巻いたライオンのお知りに挟まれて、人物フィギュア。なんでしょうねぇ。
念のため、もう一度ライオンのアップ。




ちょっと爬虫類っぽい。石が黒いのもあいまって、ぬめぬめ系っていうか。
それにしても、ライオンのいる洗礼盤。やはり試されるってことですかねぇ。

ということで、この教会は、入れないと、ほとんど訪ねる意味がないかもです。特に、鉄柵が閉まってしまうと、教会にすら近寄ることも出来ないので、こういうロケーションって、要注意。
ということで、重要なアクセス情報も貼っておきますね~。




おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)

最近はまっている写真サイト。ロマネスク写真を徐々にアップしています。
インスタグラム
  1. 2016/02/11(木) 06:37:28|
  2. カンタブリア・ロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

現代美術からスプラッターまで?バレージョ

カンタブリア・ロマネスク、その26

バレージョBareyoにある、サンタ・マリア教会Iglesia de Santa Maria続きです。




昨日の記事の最後で紹介した水色の男は、大変唐突で不思議ですが、こうやって全体で見ると、その感じがよく伝わるのではないかと思います。彩色が、ここだけに残っていたのだとすると、それもまた非常に不思議ですよね。
男以外の柱頭彫り物もまた、どうも、あまり他に見ないタイプのものが多いのですよ。




遠目にも、頭部がやけに多いなっていうイメージが伝わると思うのですが、アップにすると、なんだろう?的な。




これなど、やばいでしょ?

後陣右手にある、祭具室への小さな扉周囲の装飾も特異です。普通は、さほど装飾満載にしない場所だと思うんだけど。




よく見ると、やたら珍しいタイプの頭部満載。




ちょっと吉田戦車入ってる感じのこちらとか、一方で、イタリア現代美術の巨匠、ミンモ・パラディーノだろう?というようなこちらとか。




ね?興奮しませんか?

これだって相当変な感じなのに、すごくまともに見えちゃったり。




というのも、蛇に耳を噛まれちゃっているというのは、割とよくあるモチーフで、だからそれなりにロマネスク範疇に入るよな、と納得できちゃうわけですが、上の方のは、一体なに?

それなりにエピソードっぽいものも、あります。




ドラゴンか蛇か、にょろにょろ系と戦っています。右手にはライオンのお尻があるので、サムソンかダビデか?

こちらは、ある種の写実ぶりがすごいです。




牛の鼻輪をぐいぐい。ここまで細かい彫りで鼻輪って、見たことない!

こっちにも、えぐい顔がいた。




本堂の方は、建物もゴシック以降だし、彫り物装飾も、ゴシック臭が感じられます。

それにしても、面白いでしょう。
で、これだけでもいい加減感動しているのに、実はこれで終りじゃなくて、むしろ、この教会の一番の売りは、もうひとつあるんです!

ちょっと脇っちょの隠れたところにある、こちらです~!




怪しい彩色が残る、洗礼盤。
そういえば、あの怪しい男の衣服と同じ色ですね。きれいな水色。

これを見せるために、ちゃんと係りの人がいて、確か1ユーロとか2ユーロを徴収されるのです。でも、その分、しっかりとした解説メモをくださいます。

スペイン語なので、斜め読みですが、この面では、左側のイチョウの葉っぱみたいのが連続しているところ(雲なのかな)が天を、右側は地上を現しているようです。




地上のさらに右側に回ると、こちらは世界を現しているとか。連続性ですよね。
その先はこちら。




永遠。これも、更なる連続性を、組紐系の果てしないモチーフで表しているようです。

水盤の下部には、ライオンが二頭。




この位置だと南方面らしいのですが、二頭そろって同じ方向を向いて、何かを加えていますね。結構シリアス顔。
で、向かって見ると。




どしゃ~!人、喰ってる~!右の方の手が、やけにリアルで、これは怖い!水盤の下にこのモチーフって、見たことないです。
モチーフとしては、よく教会入り口脇にいるライオンと同じなんでしょうが、この手が~!

というわけで、すっごく期待があったわけではなかった教会なのに、大満足の見学となりました。ここでは、同好の士とも出会い、片言のスペイン語で感動を分かち合うことが出来たのも、嬉しかったです。そのため、わたしにしてはずいぶんとゆっくりじっくりと見学したものでした。
やはり、写真だけではわからない。現地に行ってこそ、としみじみ思います。
っていうか、ここは、ゾーン的には行けそうもない、と思っていて、それでも一応調べといた程度の場所だったので、発見的な喜びもありました。

おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)

最近はまっている写真サイト。ロマネスク写真を徐々にアップしています。
インスタグラム
  1. 2016/02/09(火) 05:59:35|
  2. カンタブリア・ロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

謎の男が、全身露出、バレージョ。

カンタブリア・ロマネスク、その25

覚書として始めたブログなのに、記憶が薄れるくらいにアップが遅れてしまって、めまいがしそうです。が、めげずに再開しますね。




次に回るのは、カンタブリアの最北東地域となります。
まず向かったのは、バレージョBareyoにある、サンタ・マリア教会Iglesia de Santa Mariaとなります。




やさしい起伏の続く美しい田舎。村に続く、緩やかな登りの中腹に現れる教会です。
入り方がわからず、ちょっと先まで行ってしまったので、車をうっちゃって、徒歩で引き返しながらアクセスしたのですが、こういう風に、ちょっと離れた場所から全体を眺めながら近づくわくわく感って、とっても好きです。

足元には、自然の花がたくさん咲いていて、のどかな気分増幅。




最初に言ってしまいますが、ここ、素晴らしいです。
今、写真を見返しても、どこから紹介しようか、アワアワするほど楽しいです。

上の写真でわかるように、外部は、かなり大きく変わっていて、ロマネスク起源が明らかなのは、後陣部分くらいかも。




こうやって見ると、ちょっとずんぐり感がありますが、現地で見ると、もっとすらりとしたイメージです。
地面が斜面になっているのがわかると思うのですが、後陣全体を見ようとして離れると、おそらく自分の位置が低くなるので、スラリ効果があったのだろうと思います。

ズーム。




ゴシック期以降に、かなり手が入っていることを考えると、ここの装飾も、結構時代が入り混じっているのでは、と想像します。
窓アーチのトップに置かれた十字架は、勿論後代のものでしょう。持ち送り彫刻とくっつきそうな邪魔しそうな微妙な位置におかれたせいか、若干ずれているというのか、無理やり置いた結果ずれちゃったのか、変ですよね。
そもそも、一番外側のアーチも、後代の付け足しと見ましたが、でも、なぜあえて付け足したのか?もっとばんばんに変えようとして、結果的にはこれだけで終わってしまったのか?
後陣全体の写真を見ると、この意味のない付け足しのおかげで、わたしの愛する付け柱が、途中でぶった切られた様子がわかります。




こんな感じですね。
アーチ部分は、石の材質も異なりますね。地は、凝灰岩的な感じがしますが、後付のアーチは、白い。

持ち送りの彫り物も、こういう、いかにも素朴なロマネスク風があり。




一方で、やっぱりちょっと時代が下る様子のものもあり、入り乱れています。




この顔は、右にある動物の頭よりはあとではないかと思うんですけど、いかがでしょうか。

こっち側から見る後陣が、本来のオリジナルの姿に近いでしょう。
この窓、二連というのが、とても独創的。それも、開口部が猫の瞳を縦にしたように細い(下にある、内側からの後陣の写真を見ると、細さがわかります)。




こういう時代ミックスが、実は内部にもあります。
南側に開けられた入り口から入りますと、西側、礼拝席の方は、ゴシック。




全体が新しい雰囲気です。マトロネオまたは合唱席の部分などは、相当新しい。
そして、後陣側は、どうかというと。




おお~!ゴシックの林の向こうに、大好物的な!
例によって小走り!




素晴らしいです。保存状態のよさもあり、全体のたたずまいもうっとりものなのですが、ほぼ完璧に残されている柱頭そのほかの彫り物の面白さは、すごいですよ。

その中で、まずどうしたって目に付くのが、この人。




すっごく唐突な全身像。その上、彩色あり!
この内陣全体は、相当繊細な修復を施されていると思うのですが、彩色はオリジナルと思われます。ということは、他の彫り物にも彩色が施されていた可能性大。興味深いです。
それにしても、この男、誰?




髭、濃いです。
年寄りでもなく若くもなく。髪型的には聖職者に見えないこともなく、一般人的でもあり。教会の寄進者とかの可能性もゼロではなさそうな。
教会は、サンタ・マリアに捧げられているので、ゆかりの聖人でもなく。
実際、この人が誰か、ということは謎となっているようです。

それにしても、衣の色が好き。この微妙な水色は、何からとられた色なのか。
ちょうど、教会に入る前に咲いていた花たちと同色。ロマンですねぇ。

ということで、続きます。

いつも、訪問くださる方には、再開が遅れて大変済みませんでした。
先週末、ウィルス性の風邪をどっかでもらってしまったようで、風邪症状に加えて胃痛、骨痛など、こんなの初めて~!という日々で、それでも仕事を休めなかったため、早寝する以外に対策もなく、結果、長いお休みとなってしまいました。
おかげさまで、昨夜は久しぶりに外食を物し、無事、グラッパまでたどり着けましたので、ほぼ大丈夫かと。いきなりグラッパかよ、ですけどね。笑。

アップしたい場所がたくさんある上、今年はイースターが3月後半と早いので、追い討ちをかけるように写真がたまりそうですから、どんどん行きます!
のわりに、一回の記事が少ないですけど。結構大変なんですよ、記憶薄れてきてて…。

おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)

最近はまっている写真サイト。ロマネスク写真を徐々にアップしています。
インスタグラム
  1. 2016/02/07(日) 21:50:54|
  2. カンタブリア・ロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2015年12月および2016年1月に読んだ本、備忘録

今年こそは、せめてブログはさくさく、サイトの更新はもうちょっとまめに、が、目標だったというのに、既にして挫折状態ですね~。

日本での休暇明け早々に、バルセロナ出張がありまして、別になんということもない仕事だったにもかかわらず、なんでしょうねぇ、やけに疲れちゃって、いきなり風邪っぴき。というわけで、さくさくとは程遠い状態になっています。はぁ。

そんなことを理由に、こんな記事でお茶を濁して、何とかロマネスク復帰のイントロとしようかとかそういうことです。

「ふしぎなキリスト教」橋爪大三郎、大澤真幸(講談社現代新書)
「鎖 上下」乃南アサ(新潮文庫)
「疾走 上下」重松清(角川文庫)
「悪人 上下」吉田修一(朝日文庫)
「クリスマス・キャロル」ディケンズ(岩波少年文庫)
「殺人の門」東野圭吾(角川文庫)
「行きずりの町」志水辰夫(新潮文庫)
「一茶」藤沢周平(文春文庫)
「おそろし」宮部みゆき(角川文庫)
「中庭の出来事」恩田陸(新潮文庫)
漫画
「チェーザレ11」惣領冬美(講談社)

今回は、1月前半、東京滞在中、一切読書をしていませんので、量は少ないです。
そういう中で印象深かったのは、なんといっても、「ふしぎなキリスト教」。
ロマネスクをやっていますが、別にキリスト教に傾倒しているわけではなく、単に美術的側面だけから教会めぐりをしているわけですが、それでもロマネスク美術とキリスト教は切り離せないために、どうしても、キリスト教への興味というのは、ベースにあるわけです。だからと言って、理解しようとか、僭越なことを考えているわけでもない、ただのミーハー的なアプローチで済ましているわけなんですが、この本は、そういう層のわたしにとっても、目からうろこ的なプリミティブな疑問に答えてくれる内容で、面白かったですねぇ。
といいながら、かなり斜め読みしているので、何度も読んで、理解を深めたいと思っています。
もう一冊は、「一茶」。彼が、これほど屈折した人生を送った人だとは、つゆほども知らなかったという意味での面白さ。そして、盛り上がることもなく人生を終わったというのに、同時代の誰よりも後世に残ってしまった皮肉っていうのか、なんか面白いです。
「チェーザレ」は、ルクレツィアがイメージで、うむうむって感じです。

おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)

最近はまっている写真サイト。ロマネスク写真を徐々にアップしています。
インスタグラム
  1. 2016/02/01(月) 06:27:19|
  2. 読書、備忘録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ