fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

イタリアは、やっぱり、おいしいから!

エミリア食い倒れ1
食つながりで、春に訪ねたエミリア食い倒れ週末ツアー、記録しときたいと思います。
これは、それより先に出かけたピエモンテのランチ・ツアーに満足できなかったために、友人と企画した食い倒れツアー。

まずはモデナ観光から開始しました。




モデナと言えば、まずはドゥオモですが、後陣外側の修復中でした。
以前訪ねたときは、鐘楼が思いっきり修復中だったり、ファサードとか側壁修復とか、考えたら、モデナのドゥオモ、修復のないときがなかった気がします。ミラノのドゥオモ並だな~。

友人のために、ガイドとして、自分のサイト(ロマネスクのおと)のページを印刷して持参。自画自賛っぽいですが、このページはかなり勉強したので、いいかな、と思ったんですが、サイトの誤字脱字、特に誤字のひどさには、われながらびっくりしました。
なんだかんだ言いながらも、このドゥオモの、見る場所の多さには、今更ながら唖然としました。そして、自分が書いたはずのサイトの内容について、びっくりするくらい忘れている事実にも、唖然としました。
外側には、各扉周囲の、レベルの高い彫り物があります。





そして中に入れば、内陣部分は宝の山。





こうなると、食い倒れツアーというよりは、普段の修行旅に近づいてしまいますが、一般人(?)と同行する普通の旅の場合、そういう感覚は封印、と、思いながらも、ついつい撮影に気持ちが入ってしまいます。





そういえば、以前訪ねたときは、この部分、修復していたのではなかったか。今は修復も終わり、彩色も美しく、かなりいい感じになっているので、ますます気持ち的には修行入ってしまいます。





クリプタから本堂への通り道とか、以前はこんなところ、開放していなかったんじゃないかなぁ、という場所もあり、テンション、上がります。照明とかも、以前と違うような。やっぱり修復中に来たから?
というわけで、「食い倒れ」本編前に、つい修行になってしまいました。

食い倒れに続きます。




おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)
スポンサーサイト



  1. 2014/08/03(日) 06:51:03|
  2. イタリアめし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<お腹はちきれ定食システム | ホーム | ルシヨンのホテルとお食事(強力にお勧め)>>

コメント

No title

モディナ、まだ修復が続いているのですか!でも内部や西、北入口はしっかり見られるのですね。最近読んだ『教会の怪物たち』にモディナがかなり多くとりあげられていて、昔の写真をひっぱりだして( 当時は創世記の彫刻とロランの歌が主目的)みているのですが、正面入口ブシュールのてっぺんのヤヌスなんて とてもちいさくて わかりません。来年春、モディナにも行くツアーがあるので成立すれば再訪しようかなあ。 お近くで 思い立った時に確かめに行けるのはうらやましいです。
  1. 2014/08/03(日) 03:20:00 |
  2. URL |
  3. yk #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ykさん、お返事送れてすみません。
なんかいつもどこかしら修復している教会ですね、ここは。今回は、ここが目的ではなかったので、問題なかったですけれども。それにしても、やはり見所満載の教会だと思いました。有名なファサードや、内陣部分にある彫り物もよいですが、クリプタとか、ちょっとしたところに隠されている遊び心みたいなものがたくさんあって。いろいろ押し付けがましい説明をしたところ、同行の友人たちも、結構興味を持って見学してくれたので、ほっとしました。病気じゃない人たちとこういう場所に行くのは、実は結構気疲れします。笑。
ところで、確かに日本からよりは近いんですが、でも2時間かかりますから、思い立っても、意外と行けなかったりするんですよ。
  1. 2014/08/07(木) 21:00:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/1271-15652652
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)