fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

1300年前のパオロ・ディアコノ言及の町

エミリア食い倒れ3

ランチの後、向かったのは、中世の修道院跡。
モンテヴェリオ修道院教会Chiesa di Abbazia Monteveglio。




小高い丘の天辺にある小さな場所に、スペースはおそらく往時そのまま、と言う感じで、修道院の名残があります。ここは、門前町ができるような平地のスペースもないので、修道院を取り囲むような壁や門だけが残っていて、当時の、閉ざされた孤高の雰囲気が、今でも感じられる場所です。




(この村の入り口にある門は、修道院の起源よりは、ずいぶんあとの時代に作られたもののようです。)

と言っても、今は大いに観光地になっていますから、門内にレストランなんかもあったりするのですが。ただ、あまりに猫額のために、お土産屋ができるようなスペースもなく、地味な雰囲気が無理やり残されているといったところです。

こんな地味な、今でもかなり山奥というというような場所ですが、古くはローマ時代から神聖な場所として珍重されてきたようです。ローマ時代、ロンゴバルド時代それぞれに信仰の場所となり、カノッサのマチルダ女伯の時代に、修道院が建てられたようです。
それが、今でも修道院として機能しているということですから、びっくりするくらい長い時代にわたって、神聖な場所として現役としているのですね。結構な高度と思いますが、修道院が建設されたということは、水が出たということ。山っていうほどの土地でもないだけに、ちょっと不思議。

今に残る教会の外観は、かなり後代の修復の賜物となっており、ロマネスク的に目を引かれるものはないのです。そして本堂に入っても、身廊の構造に往時の面影が見られるくらいなんです。




でも、高くなっている内陣から想像できるように、クリプタがあります。ちょっと雰囲気あり。




構造的には、ロマネスク時代だと思いますが、ディテールに、大きく興味を引かれるものはありません。また、このクリプタ部分からアクセスできる回廊も、後代のものです。




回廊の一部が12世紀、と事前情報を得ていたのですが、この状態でおよそ中世期の名残があるとも思えません。首をひねりながら、回廊と本堂を行ったり来たり。
回廊で目撃した聖職者。




修道院、現役らしいし、この人たちの感じとしては、ギリシャ正教的。実はフランチェスコ会、とあったのですけれどもね。

それにしても、具体的な中世の名残が目に付かず、自分の情報が間違っていたかと首をひねりながら、本堂を出て、後陣の方へと向かいました。
長い時代の積み重ねが、建築に見て取れるような、複雑な構造になっている後陣でした。




右側後陣は、鐘楼の下部に組み込まれてしまっています。そもそも、すべてが再建で、往時の様式をしっかりと再現してはいるものの、新しいです。

その後ろの方に、鉄柵があり、覗き込むと、回廊のような構造が見えました。




緑の芝生部分には、井戸。これはかなり怪しい。で、ズームで回廊の柱を観察すると。




ロマネスク、発見~!
なるほど、これがオリジナルの回廊の一部、唯一古い時代の名残となる部分だったんです。残念ながら近くには寄れませんが、せめても鉄柵で見ることができるようにしてくれていたのは、とてもありがたかったです。
この位置に回廊があったということは、教会のある方向も違っていたんだ、というようなことがわかります。いや、そういうことがわかったからどう、ということもないわけですが…。でも、素人研究者にとっては、そういうことを納得するだけで、現地を訪ねた価値があるって言うか、まあ、そういうもんです。

この回廊発見も、重要なことで満足しましたが、教会本堂に、ロンゴバルド時代の洗礼盤があったようです。それは思いっきり見逃しました。事前にしっかり調べきれていなかったので、かなり新しい内部を見て、何もないだろう、ときちんとチェックしなかったためです。この地域一体の、特に自然をフューチャーした博物館兼インフォメーション・センターがあり、そこで、写真を目にしたのですが、改めて教会に戻ることはしませんでした。

ちなみに、ロンゴバルドの時代唯一の同時代書であるパオロ・ディアコノの「ロンゴバルドの歴史」には、このモンテヴェリオの名前が言及されているそうです。一応読んだですけどね、斜め読みだし、覚えてないです。




あまり歩く場所もなく、これじゃお腹すかないね~、といいながら、モンテヴェリオをあとにしました。車の移動って、それなりに疲れるけれど、体力は使わないんだよな。

おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)
スポンサーサイト



  1. 2014/08/13(水) 07:03:39|
  2. エミリア・ロマーニャ・ロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アメリーゴ、レストランはいいけども。 | ホーム | フランクフルト、サッカー場、森>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/1275-7955a3c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)