fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

鳥づくしモザイクと、両性具有的四大天使(美形)!

夏休み旅その11、ラベンナ9




ネオニアーノ洗礼堂のすぐ近くに、博物館があり、ここも、ラベンナ総合チケットの一連の見学場所のひとつとなっています。
この総合チケットは、たったの9.5ユーロで、7日間有効。ラベンナの主要な観光地を見学できてしまうという大変お得なチケットです。見学できるのは、以下。

サンタポリナーレ・ヌオボ教会 Basilica di Sant'Apollinare
司教座博物館 Museo e Capella Arcivesovile
ネオニアーノ洗礼堂 Battistero Neoniano
サン・ヴィターレ教会 Basilica di San Vitale
ガッラ・プラチディア霊廟 Mausoleo di Galla Pracidia

前に訪ねたサンタポッリナーレ・イン・クラッセ教会などは、もうひとつの総合チケットの中に組み込まれていて、組み合わせが難しいのですが、こちらのチケットの見学場所の方が、より、みるべき度が高く、訪ねやすい場所となっているかと思います。

さて、それで訪ねたのが、司教座博物館です。
ここ、過去には、いつも時間切れで、訪ねたことがなかったような気がします。

博物館と言っても、目的は、建物内に隠された、サンタンドレア礼拝堂Cappella di Sant'Andreaにあるモザイクです。

展示は、いくつか細かい部屋に、石棺とか浮き彫りなどが並べられていますが、その間を縫って、礼拝堂への前室のようになっている狭くて短い廊下の天井が!




これはすごい!よくパンフレットなどに使われているかわいらしい鳥のモザイクは、ここに隠されていたんですねぇ!
黄金を背景に、鳥を並べてしまうって、なんて、素敵。これ、ラベンナならではの感覚です。だから、ラベンナのモザイクは、いいんだな~!




野鳥の会の人だったら、きっとどの鳥の名前も分かるんじゃないのかな。残念ながら、わたしはさっぱりなんだけど、思わずそういうことを思うほど、鳥の種類が豊富だし、また特徴を捉えているっていう描かれ方なんですよ。
そして、何より、めちゃくちゃかわいい。




あ~!そして、間抜けなことに、まさに今気付いたけど、鳥の並べ方が、ちゃんと規則的になってる~!
すべて違う種類じゃないのは分かるんだけど、実際に見ているときは、この規則性は、気付かなかったです。それも、向きをひっくり返したり、色違いだったり、これ、すごく考えていますね。

天井を見上げる無理な姿勢に、首と背中が悲鳴を上げるくらい堪能したあと、いざ礼拝堂へ。




おお~!
叫びたくなりますよ~、あんまり素敵で。色の氾濫!モチーフの氾濫!なんと表現したらいいのか、この狭いスペースにぎっしりのモザイクは、ローマのサンタ・プラッセーデの礼拝堂と、大変似た雰囲気です。
この天井のこれ、四人の大天使(ミカエル、ガブリエル、ラファエル、ウリエル)が、キリストのシンボルを持ち上げている図。黄金をバックに、中心が美しい青。




ちなみに、サンタ・プラッセーデBasilica di Santa Prassedeの、サン・ゼノーネ礼拝堂Cappella di San Zenoneの天井モザイクは、こんな感じです(今、インスタグラムでローマ特集やっているので、ご興味の向きには、どうぞ、下記リンクから訪ねてみてくださいね)。




サンタンドレアの方は、天使の間に、四福音書家の有翼のフィギュアがあるんですね。テッセラがより細かくて、技術の高さが伺われます。
でも、ローマの方が、デザイン的で、インパクトがあるかもしれない。
いずれにしても、どっちも素敵~!
どっちも、特に青が美しいです。

この、半円後陣部分にぎっしりとはめ込まれたモザイクの星もまた、とてもラベンナっぽいものです。




アップにしても、モザイクとは分からないくらいの細かさ。それにしても、紺と、星の輝く色が、憎らしいくらいにマッチしていて、十字架も含めて、きらきらと輝いていますよねぇ。うっとりしてしまいます。




また、手前のアーチに描かれた若きキリストらしきお姿の、なんと美しいこと。




ちなみに、四天使たちも、なかなかの美形揃い~!




当時のラベンナの人たちと趣味合いそう~。いや、そういう意図で美形としているわけでもないかな。でも、手も繊細で、実に天使の雰囲気満載な両性具有的表現ですよね。

こんなわけで、狭い博物館なんだけど、この礼拝堂を出たり入ったり、落ち着きなく過ごす羽目になりました。博物館に置かれていた中世や初期キリスト教の彫り物なども、大変好きなものばかりでした。




ここも鳥モチーフだった。鳥好きのグループって言うのがあったのかね。鳥モチーフの意味を、ちょっと考えてみたいな。

おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)

最近はまっている写真サイト。ロマネスク写真を徐々にアップしています。
インスタグラム
スポンサーサイト



  1. 2015/10/16(金) 05:33:37|
  2. エミリア・ロマーニャ・ロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名前フェチって、ありでしょうか。 | ホーム | ラベンナを勉強しなければいけない、と思っていたのに。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/1491-52ef8f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)