fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

コモの町


最近、コモのロマネスクの写真を整理してます。サイトにアップするため、同時に、コモの歴史を読んだり、教会のことを調べたりもしています。そしたら、歴史を考えると、サン・カルポフォロは、はずせないだろう、と思い、またサンタッボンディオについても、あ、これ見逃してるし!というものに気付いてしまいました。そんな状態では、サイトも半端なものになっちゃうし、と、早起きして、車が渋滞しないうちにさっさと見学に行ってきました。
日曜日だし、早朝だし、まだ車は少ないし、クーラーを入れなくても快適で、とても気持ちのよいドライブ1時間弱。まずはサンタッボンディオを訊ねました。
何を見逃していたかというと、今の教会が建てられる以前の教会の跡が、今の教会の床に、黒い石で示されているというところ。教会に入るなり、早速床を調べたところ、確かに黒い石が、あちこちに埋め込まれています。意外と大きい教会だったらしいですね、以前あったものも。ほぉほぉ、と感心しながら、本来の目的、サン・カルポフォロに向かいます。
ここは、今のコモの町からはかなり離れていますが、その昔、カテドラル機能を持っていたそうで、起源的には、大変古い上に、かつてはどの教会よりも格式が上だったんですよね。今は全然、そんなもの、ありませんけど。
コモからミラノに戻る道の途中、フイッと右に入る道があり、その坂道を登っていくと、ちょうど登りきったあたりにありました。勘の鈍いわたしにしては、珍しく、ここかな、と教会の姿も見えないのに、車を停めたところ、まさにそこだったので、びっくりです。
たまにはそういうこともありますが、実はすでに、サンタッボンディオをみるために、駐車場を探して、これまで何度も走っている道なのによく分からず、 うろうろしていたんで、平均すると、いつものわたしのドライブ・レベルなんですが。
さて、まさかこんなところから?と半信半疑で小道をたどると、教会入り口でした。
これこれ、というツートン・カラーの後陣の半ドーム。それ以外は、壁が真っ白な漆喰に塗られて、ロマネスクの情緒なしでした。クリプタはかろうじて。鐘楼はまさに典型的なロマネスクのそれで、とても美しいものです。
さて、ところでファサードはどうやって見たらよいのだ?なんせ周囲は、脇の入り口以外はびっしりと建物が建っちゃっているし、内部からのドアもなし。教会に隣接している学校があって、門扉が開いていたので、入ってインターフォンで聞いてみると、あら、ファサードはないのよ!は?ファサードは、山崩れがあって、今じゃ埋もれてる状態で、アクセスもできないのよ。ということでした。そういえば、ものの本に、目の前の山が崩れて云々、とあった気がおくればせながら。でも、まさか全くアクセスできないとは思いませんよね?どうも、もともと、設計段階で、無理があったようですが。でもあんなに美しい鐘楼なんだし、内部も外部もツートン・カラーの後陣だし、どんなファサードがあったのか、とても気になります。ま、詳しい話は、いつ出来るかわからないサイトに譲ります。

スポンサーサイト



  1. 2008/07/20(日) 22:15:20|
  2. ロンバルディア・ロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ラグナセカ | ホーム | Tom Waits - Glitter and Doom Tour in Milan>>

コメント

No title

こんにちは。以前コメントいたものです。
こちらのHP、とても参考にさせていただいています。
さて、去年の11月になりますが、comoのSAN CARPOFOROへ行ってまいりました。が、open時間が変更になっていました。日曜日のみで4-10月は10-18時 11-3月は10-14時という貼り紙が無情にも貼ってありました。ご参考までにと思いコメントさせていただきました。
  1. 2012/02/07(火) 01:33:00 |
  2. URL |
  3. wan*204 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

wan*204さん
貴重な情報、ありがとうございました。遠方はるばる訪ねて、あいていないと、本当にがっかりしますよね。Carpoforoは、決して行きやすい場所じゃないと思うので、残念でしたね。コモ方面はまた行きたいと思いながら、なかなかいけないでいます。あのあたりはアップダウンが激しくて、いきなり結構な山道になるのが怖くて、ためらってしまうんですよ。ミラノからだと1時間もかからないのにね。
あの後陣のぐりぐり縞模様、なつかしいな。
  1. 2012/02/07(火) 22:02:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/16-5e7201e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)