fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

石積み構造にぐっとくる…病気度高し(オーゾン2)

2016.08.オーヴェルニュの旅 その25

オーゾンAuzon、サン・ローラン参事会教会Collegiale Saint‐Laurent、続きです。




内部は、石の質感がグーッと押し寄せてくるような作りです。こういうのは、好みですね~!そして、楽しい柱頭が、次々、目に入ってきますよ。




この二股人魚の愛らしさは、谷内六郎を思い起こさせる素朴さっていうか、およそ誘惑的な何かからは対極にあるっていうか。いや、でも、胸はともかく、おへそに、そこはかとない色っぽさが、ちょっと感じられますかね、笑。
両性具有的な、夢見る表情が、好き。

あれ、でも、横並び角っこの人を見ると、あれ?




男人魚~?それに尾っぽは、この男人魚のを、夢見る人が握っていますね?それも、男人魚の方は、蛇に耳をかまれているようです。ということは、単純な二股人魚じゃない?モチーフの組み合わせとしては、トスカーナはコルシニャーノのアーキトレーブを髣髴とします。

明らかに人魚風も、ちゃんといますよ。




なんだろう。この方も、何か表情で訴えているタイプのフィギュア。この方のおへそには、色っぽさがありません。穴一つ開けるにも、職人の歓声が繁栄されるのですねぇ。ちょっと感心してしまいました。

よく見ると、こちらの方々も、お隣の方の尾っぽを握っているようですね。意味があるんだろうな。

歯むき出しのグリフィンも、なんか愛らしい。




完全にすねてる風の鳥もいます。これ、明らかにすねてますよね?




こういう愛らしい動物フィギュアの一方で、いきなり、シリアス系柱頭もあるんです。




どう考えても、違う石工さんの作品。外の、聖書の場面モチーフの柱頭も、こういう人が彫っているんだろうな。そして、オリジナルは、こういうシャープな素晴らしい彫りだったんだろうと想像します。
まぁ、こちらも、多くは傷んでいますが。




一部、フレスコ画も残っていますが、こちらは、時代が下ると思います。




修復でやっとここまで、というようなギリギリの状態ですが、ま、好みではなく、よかった、というところかな。




時代が下るフレスコ画よりは、愛らしい柱頭や、こういう石積み構造の方に、思わず心を奪われる私です。




おなじみのロマネスクは、こちらへどうぞ。
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ


にほんブログ村 海外生活ブログへ(文字をクリック)

最近はまっている写真サイト。ロマネスク写真を徐々にアップしています。
インスタグラム
スポンサーサイト



  1. 2018/08/30(木) 06:04:24|
  2. オーベルニュ 03-63-15-43
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<巨大さとピカピカに弱いらしい(イソワール1) | ホーム | 坂道を上ると、そこは工事現場だった(オーゾン)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/1936-683d3843
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)