fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

おフランスへのあこがれ(フォッサチェージア その3)

アブルッツォ週末ロマネスク修行(2018年11月)、その53、そして最終回

フォサチェージアFossacisiaのサン・ジョバンニ・イン・ヴェネレ修道院教会Abbazia di San Giovanni in Venere続きです。

abruzzo 597

前回、半端に切ってしまった回廊です。広大さがちょっと分かりますよね。これだけ大きな回廊って、なかなかないと思います。
極限までほっそりさせた様子の円柱に、こういう平たい逆三角形の柱頭スタイルです。

abruzzo 598

このタイプの柱頭、どうしても南チロルを思い出してしまうのですが、確か昨年訪ねたサンタガタのクリプタとか、ベネベントの回廊もそうだったでしょうか。
体系的に調べたことがなく、南チロルのイメージから(あの地域にあるロマネスクは13世紀以降、他の地域がゴチックに移行している時期になされたものが多かったと記憶しています。確か財政的な問題が主な理由だったような)、比較的遅い時代のものなのかという印象だけがありますけれど、実際はどうなのでしょうか。
少なくともこの小円柱の拒食症的ほっそりさは、ロマネスク初期でないことは確実な気がしますね。

abruzzo 599

ほんのわずか、おそらく他から持ってこられたものと思われる彫り物がありました。

abruzzo 600

ここでは、足元がちょっと良かったです。

abruzzo 601

かなり修復というか、再建されちゃってるのかもしれませんが、石色も、すり減った様子も、石ラバーだったら、うっとり必至です。
しかし、こんな凸凹ってると、年取った修道士は危ないのでは、とちょっと思っちゃったんですが、逆に、慎重に歩くかもだし、あと、足で縦線にはめられたレンガを認識して、まっすぐ歩けるのかもとか、余計なことを考えてしまいました。

石畳って、本当に邪魔くさくて、車で走行するとガタガタしてイラっとするんですが、見た目には実に魅力的。不便だけど、イタリアではいまだに各地にあるわけですが、実は持ちがいい、というのも理由にあるとか聞いたことがあります。おそらくもともと石畳の場所って、古い時代から石畳になっているから、地盤もしっかりしていて、時々張り替えメンテナンスとかしてればいい、みたいな。実際、石畳は、街中にしかないですしね、地下もそれほど活用されてないだろうし。
ミラノでも、我が家のあるちょっと町はずれ地域になると、当然アスファルトしかないのですが、穴ぼこがひどいです。特に雨が続くと、あっちにもこっちにも小型の陥没が出現して、車で走るの怖いくらい。ちゃんと地盤の整備をしてないんでしょうねぇ。

おっと、また激しく脱線してしまいました。

ここらで、教会前に建てられていた説明版を読んだので、ここまで勝手なことを書いていますけれど、ちゃんと整理しておくことにしたいと思います。いつものことですけど、説明版を撮影したのに気付かず、勝手な記事を書きまくった後で読んでますので、色々余計なことを書いていてもご勘弁です。ペコリ。

すでに言及したことは省くとして、触れておきたかったのは、以下です。
「修道院が最も繁栄したのは、1165年、修道院長オデリシオ2世OderisioIIの時代で、ブルゴーニュの傑作が見られる。この野心的な修道院長は、当時すでにフランスで普及していた巨大カテドラルを実現しようと、ここにある建築構造は残しながらも改築再建に邁進したのだ。そのようなわけで、このサン・ジョバンニ・インヴェネレは、アブルッツォで実現されたシトー派修道院の最初の一例となった。
シトー派建築として、内部のアーチがかすかにとんがったり、ブルゴーニュ風の無装飾の柱頭を持つ半円のつけ柱が置かれたり、壁を高くしたりなど、内部を軽快にするアイテムが取り入れられている。」

abruzzo 602

なるほど、ですよね。
なんか、昔も今も、イタリア人はフランスが大好きなんだなぁって笑っちゃった。おしゃれはフランスから、的な何かがあるんですよねぇ。

それは置いといて、例によって中世辞典なども見てるんですが、シトー派とベネディクト派、当時の修道院建築のもとになるのですね。どっちもよく出てくるし、イタリアではベネディクト派が主流だし個人的にもシトー派は装飾がなくて面白みがないと思っているのですが、これを機会に、せめて辞書の内容だけでも読んでみようと思いました。有名なサン・ベネデットの規則って、全然知らないし。
聖人辞典を見るだけでも、ベネデットは有名になって、嫉妬されてどうとかいう話も出てくるから、当時の(後の)聖人スキャンダルとかもありそうで、興味が出て来ました。
中世のセレブって、聖職者か権力者だもんね。聖職者も、明らかな腐敗が表立ってくる前だから、もしかするとよりドロドロしたスキャンダラスなこともあるかもねぇ。

あ、すみません。また脱線しましたね。

最後になりますが、ファサードです。

abruzzo 603

ファサードへのアクセスは、ちょっとした階段ですが、これは、もともとの地形が丘で、その地形のままに本堂を建てたことによる結果らしいです。全体に、それなりに平地もあるけれど、後陣東向きとかの建築規則にのっとるために、こういうファサード高かったり、ファサード前が狭かったりという不具合な場所しかなかったということなのかもね。

このファサードも、下の部分は、大改築を行ったオデリシオさん時代のもので、そこは暗褐色の凝灰岩で作られています。
上の方、中央身廊の高さ部分っていうんですかね、そこから建材の色が変わりますが、そこは1346年に完成したもの。

中央の扉は、1225-1230年ごろ、当時の修道院長ライナルドRainaldoによるもので、洗礼者ヨハネの人生を語る浅浮彫装飾がほどこされています。

abruzzo 604

こういう大きなサイズの浮彫を、扉口に飾るというのも、あまり見ないスタイルですが、スポレートのサン・ピエトロだったかな、そんなを思い出しました。あそこも13世紀とかでしたよね。

abruzzo 605

テイストがかなりゴシックというか、ロマネスクじゃないので、個人的には好みじゃないのですが、この場所にあってこの保存状態って、すごいわ。
それにしても、ごちゃごちゃと、各時代に触った様子で、残念ながら、統一感がなくなっています。

abruzzo 606

この後、時間に余裕があったので、高速ではなくて海沿いの普通の道を時速50キロでたらたら走りながら、アブルッツォの美しい海を堪能しながら、ぺスカラの空港に戻り、短いながら密度びちびちのアブルッツォ初上陸修行旅、終了です。

鍵が必要な場所が多く、事前にはすべての手配が出来なかったので、どうなるか心配していたのですが、18か所訪ねて、入れなかったのは二か所のみ。その二か所も、現場で頑張れた何とか入れた可能性も高かったので、なかなかの戦績となりました。インスタ通じた現地の友人情報にも大いに助けられましたし、今の時代、ネットの重要性を感じます。
と言っても、鍵はネットではなかなかアクセスできず、最後は電話なわけですけどね、笑。

地味で、わざわざ訪ねる人も少ないアブルッツォのロマネスク、自分にとっても新鮮でしたし、将来訪問を計画している方の、何らかの情報となればよいと思います。長々おつきあいありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。

にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica

日々の生活をつづる別ブログです。
イタリアぼっち日記
スポンサーサイト



  1. 2022/05/21(土) 10:24:38|
  2. アブルッツォ・ロマネスク
  3. | コメント:2
<<今更、勉強してみたイタリア北部の中世初期(トルチェッロ島 その1) | ホーム | 当時のミリオネア(フォッサチェージア その2)>>

コメント

 ABRUZZO 紀行の走破、すっかり楽しませていただきました。つまみ食い的に歩いたことがありましたので、
懐かしい場所も出てきましたが、大半は未見の教会でした。いつもながらの詳細な観察力と資料を駆使した研究
熱心には感服しております。益々の御活躍を祈念しております。
 その後事故の後遺症などはありませんか?
  1. 2022/05/23(月) 04:17:28 |
  2. URL |
  3. ほあぐら #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ほあぐらさん
コメントありがとうございます!
入院など予定外のことで、ずいぶんと長々だらだらの記事になってしまいましたが、読んでいただきありがとうございます。

今後はどうなるか不明ですが、イタリアのものに関しては、資料も読めますし、しばらく「調べ病」みたいな状態が続きそうです。と言って、時間と能力が限られているので、実際はアップが遅くなるだけ、ということで、記憶力とのたたかいが厳しくなりそうな、笑。

おかげさまで、仕事も普通に再開しており、痛みも徐々に消えつつあります。もう一息といったところですが、来週末には、単独で、ちょっとだけ遠出をしてみようともくろむほどには回復しております。
  1. 2022/05/25(水) 22:11:15 |
  2. URL |
  3. Notaromanica #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する