fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

英語に救われるよ(番外編)

2019年8月夏休み、フランス中部の旅、番外編その2

今回、番外を一回しか書いてなかったんですね、びっくり。それも、番外編その1を探してたら、このサントルのシリーズ、なんと昨年の4月半ばから、延々と書いていたのですね。これまたびっくり。
根気のない女なのに、よくぞ完結したものだ、としばし感慨にふけってしまいましたよ、笑。そしてまた、よくぞそれだけの駄文を紡いだものだと、これまた感慨深い…。

さて、せっかくですから、7泊8日のサントル番外編、四泊目から、備忘で書いておこうと思います。

france vari 2 499

Luccotel - 12 Rue des Lezards, Loches
2019年当時65.80ユーロ+朝食10ユーロ

ロシェの旧市街と、谷を挟んだ位置関係だったと思います。車なら旧市街まで5分程度、住宅地の中にある、変わったホテルでした。
というのも、いわゆるモーテルっていうか、宿泊施設は、長屋のような作りになっていて、各部屋の前に駐車場がついている形式。
部屋は、必要最低限の設備はありましたが、Wi-Fiは機能しないし、バスルームは、ぎりぎりの狭さだし、実際は清潔だったと思うのだけど、一見、なんか清潔そうには見えないし…。

この辺り、でも、リーズナブルなホテル探すのが難しくて、選択の余地なしって感じだったんですよねぇ。最近でこそ、エアBでもなんとかなるのが分かってきたけど、この頃はまだ拒否反応が強かったし、その上、サントルは、連泊するのは効率が悪すぎで、ほぼ連日移動だったし。

まぁ部屋はそんな感じで、満足感なかったんですが、しかし、敷地内にはレストラン棟があって、レストランはやけに素敵なんですよ。で、夕食はそちらでいただきましたけど、お皿もおしゃれだし美味しいし、サービスもよかったです。部屋との落差に呆然でした。

france vari 2 500

france vari 2 501

朝食もそちらでいただいて、早朝ロシェの旧市街が見えるテラスでカフェで一服。部屋のしょぼさを忘れることが出来ましたね、笑。でも、一泊でよかった~。

しかし、その翌日もまた、変わったホテルでしたよ、笑。

france vari 2 502

Le Montloire - 4 bis Place Francois Mitterrand, Montlouis-sur-Loire
72ユーロ+夕食25ユーロ(朝食は8ユーロだったけど、時間が遅かったので取らず)

お部屋の写真なんて、普段あまり撮影しないけど、衝撃すぎて撮っちゃった。これね、ベッドに寝転ぶと見える眺めなんだけど、バスルームに扉がなくて、シャワー丸見え、笑。
一人だから、まったく問題ないけど、これ、友達ペアだったら、ちょっと困るよね?トイレは、別だったかどうか記憶にないけど、それにしても、だよね。
外観はきれいでモダンな様子なんだけど、内部は結構古い建物って感じだったと思います。
それに、朝が遅い!朝食は8時からだし、ホテル内のガレージも8時までは開かない、というので、朝食は断り、ガレージもあきらめましたが、ホテル前に、公共の駐車場があって、そこは助かりました。
翌朝、7時半ごろ出るときには、もちろん誰もいなかったんだけど、ホテルのお隣りが早朝から開いているカフェだったんですよ。それなら、お隣が開いてるよ、くらい教えてくれたっていいのにさ、そういう情報もくれない、ちょっと感じよくないところもあるホテルでした。結局そこで、カフェオレとクロワッサンの朝食を取れたので、安上がりに済んだけども

このホテルを選んだのは、レストラン併設だったからで、レストランは、ここもまたモダンで清潔感のあるたたずまいでした。でも、オーダー、思いっきり外したね。

france vari 2 503

野菜が食べたくてサラダを頼んだのに、お肉どっさり系。それも、この地域の名物というモツ系どっさり。
なんかさ、フランスってサラダという名前なのに肉どっさりって、何度もやられてるんだけど、どゆこと?

france vari 2 504

その上さ、メインが…。
実はお隣の人が食べてるお皿がいいなって思って、あれあれ、って指さしオーダーしちゃったんだわ。イタリアのサルシッチャ、いわゆる腸詰、健康にあまりよくないジャンクなやつ、すっごく好きなんですよねぇ。これ、どう見ても腸詰ソーセージじゃないすか!

ところがどっこい、これがまたもや、名物のモツの腸詰だったというわけです。名称忘れちゃったけど、この地域の名物ってことで、誰もが知ってる一品だそうですよ。
でね、本来だと、かなり臭みが強くて、食べにくいらしい。これは幸い、素人でも食べられる臭くないモツで、半分くらいはいただいたように記憶しています。
これね、普通のフォークの長さくらいある、すっごいボリュームなんだよ、こう見えて。

さすがに飽きて、途中からはにゃんこと遊びモードに。

france vari 2 505

ガフィちゃんというかわいい子がいて、客席の間をうろうろして、あちこちのテーブルで、ちょっと何かもらったりしてて。でも、私のモツは、積極的に拒否されました、笑。

6泊目は、オルレアン郊外のホテルで、オルレアンでランデブーした友人に手配してもらいました。

france vari 2 506

La Gerbe de Ble - 2 Avenue du Chateru, Chevilly
74ユーロ+夕食メニュー15ユーロ

ショックですが、写真をお借りするのにグーグルを見たら、どうやら廃業したようです。きっとコロナを持ちこたえられなかったのね。
見た目は、結構立派な様子だけど、中は昔ながらの旅籠の規模感で、家族経営的な様子だったんだよねぇ。駐車は目の前の道にし放題だし、レストランも併設だし、クルマで移動する出張者なんかに便利そうなホテルでしたけどもねぇ。

france vari 2 507

夕食は、確か決まったメニューで、家庭料理レベルだったけど、リーズナブルだったしそれでよし。この時は友人とランデブーだったので、どんな内容でも、関係なく楽しい夕べだったしね。

france vari 2 508

次の日は、ホテルと思っていたらシャンブルドットでした。アクセス、ちょっと手こずったような記憶があります。

france vari 2 509

La Moulin Neuf - La moulin neuf, Vignoux-sur-Barangeon
朝食込み75.75ユーロ+夕食20ユーロ

農家さんがやっている、イタリアでいえばアグリツーリズムみたいなお宿でした。しかし、シャンブルドットは、フランス語が出来なくてつらい思いをしたこともあるので、ちょっと憂鬱になりながら、夕食にのぞみました。

france vari 2 510

食堂は、もちろん相席前提。どうなることやら、だったのですが、ここはちょいとついていました。
右の長方形のテーブルに着いたのは、アイルランド人カップル、オランダ人妻とフランス夫のカップル、そして私の五人。皆さんフランス語はある程度できるけど、非フランス人は英語がよいという感じで、会話は自然と英語になったので、助かった次第。というか、メンバーにバラエティーがあったせいか、かなり楽しかったです。やっぱり英語は世界共通語、ある程度できると助かりますよねぇ。英語を日常的に使う職場でよかったとしみじみ思います。
丸テーブルの方は、フランス人の子連れ家族がいて、良いバランスの夕べだったと思います。

france vari 2 511

お食事は、正直べたな家庭料理で、食器類も、すっごく家庭料理的っていうか、古い、そろってないお皿が並んでる感じで、まさにそこらのお家の夕食でした。ワインは飲み放題だし、20ユーロはありなお値段だけど、でもクオリティを考えると、ちょっと高めでしたかね。でも、この夕べはおしゃべりが楽しかったので、意味がありました。

とまぁ、こういうホテル暮らしでした。
フランスでの、コロナ前、最後の普通の旅。つぶれたホテルやレストランも多数あるのだろうというところ、しみじみします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログで、最近の日々のことなど、記しております。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
スポンサーサイト



テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

  1. 2024/02/06(火) 13:54:19|
  2. サントル・ロマネスク 18-36-37-41-45
  3. | コメント:2
<<プロ石工さんとノンプロ?(ブランサ03 その1) | ホーム | 宇宙人みたいな人たちがたっくさん(ヴェスダン18 その2)>>

コメント

お料理、見た目はどれも美味しそう!
ところでサラダのドレッシングのお味はどうでしたか?
アイルランド旅行では ドレッシングが甘めで いただきやすかったのです。 バルサミコか、もしかしたら、メープルシロップとか使ってあったのでしょうか。
年のせいか、酸っぱすぎるのが苦手になってきて、わがやでも お砂糖を入れたり市販のものも甘いのを選ぶようにしています。
  1. 2024/02/10(土) 02:19:57 |
  2. URL |
  3. yk #C8Q1CD3g
  4. [ 編集 ]

フランス飯

どれも、まずくはなかったんですよ。フランス飯、基本的に結構好きですし。
フランスは、サラダはドレッシングがかかってくるタイプだったと思うんだけど、普通にいただけるって感じですかね。店によっては、イタリア式で、セルフ味付けもあるかも。

わたしも、酸っぱいのは苦手で、ブドウ酢は使わないです。バルサミコは、ちょっとしつこいので、もっぱらリンゴ酢です。アイルランド辺りでもリンゴは取れそうなので、もしかしてリンゴ酢の甘みだったかもしれませんね。

バルサミコを生産している地域では、サバというバルサミコみたいに熟成させていないお酢があって、だからお値段もお安いし、さっぱりした酸っぱさと甘みがよくて、重宝しています。日本ではないでしょうねぇ。
フランスだと、フランボワーズとかナッツとか、お酢の種類が豊富だけど、傾向としては酸っぱいですね。

個人的には、イタリア式に、美味しいオリーブオイルと、リンゴ酢を自分好みに合えるのが、一番好きです。
  1. 2024/02/10(土) 12:00:51 |
  2. URL |
  3. Notaromanica #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する