fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

ふかふかシナモンロールと聖祖母伝説(シャップ03 その2)

2019年8月夏休み、フランス中部の旅、その121(オーヴェルニュ、アリエ)

シャップChappesのサンタンヌ教会Eglise Sainte-Anneまたは、サント・マリー・エ・サンタンヌ教会Eglise Sainte-Marie et Saint-Anne、続きです。

france vari 3 034

再訪なので、さらりと行きたいのに、ついついあれもこれも写真を載せたくなるし、解説にも触れたくなっちゃって、最近冗長でダメですねぇ。

でも、こういう得体のしれない柱頭を見るとね、どうしても備忘的にあげておきたくなります。

france vari 3 035

こういう風に並んで、なんか持って、という図像、どこかで見た記憶はあるのですが、これまた意味は覚えておらず…。
それにしても、中央に置かれた女性でしょうか。クリームパン、またはコロネみたいなお下げが素敵、笑。

france vari 3 036

横の方にいる人も、なんだか変なポーズだしね。
こういうの、意味あるに決まってると思うけれど、こうなると、当時の人たちだって、本当のところどこまで分かってたの?と疑惑です。まぁ、その土地の伝承とか地域性もあるかも知らんしなぁ。
もしかして聖アンヌだったりする?って、それは直接的すぎ?

そう、この教会は、マリアの母親であるアンヌに捧げられているのですよね。

解説。
「聖アンナは、「聖者の生涯」で伝説を紐解くと、聖母マリアの母です。20年間の不妊生活の後、彼女は母親になるという幸運を得て、偉大な計画を達成するための子供として娘を育てた。ブルターニュとすべての教育者の後援者である彼女のファーストネームは、ルイ11世の娘で最も有名なブルボン公爵夫人の名前でもあり、宮廷に滞在したブルターニュのアン女王の名前でもありました。」

france vari 3 037

もしアンヌさんだったら、きっと解説版でも触れられているだろうから、そうではないと思いますが、何とも不思議な、そして、丸っこい彫りがチャーミングな柱頭です。

france vari 3 038

聖母子が飾られているのは、アンヌさんへのオマージュとなるんでしょうか。
おばあ様ですもんね、キリストの。それにしても、アンヌさんは、不妊で苦労されたとか、聖人伝説というのは面白いなぁと思います。旧約聖書音人々は、何百年も生きるのが普通だったから、そこから言えば20年の不妊なんて大したことないけど、でも、あえて不妊設定する面白さ。かけがえのないという貴重感を出すためなのか…。キリスト教って、とにかく戦略的な布教をしているから、そういうところも何か布教のための戦略を感じたりもします、笑。

france vari 3 039

鉄扉の内側に置かれていた、おそらくオリジナルの扉。
鉄扉は素通しなのですが、この木の扉が閉まる様子はないんですよね。ってことは、常時素通しなのかな?それもすごいわ。換気ができた方がいいのかもしれないけど。でも、ミサの時も素通しだったら、冬は寒いね。

外に出る前に、も一個だけ、連続系の装飾を。

france vari 3 040

シナモンロールだよね。ふかふかで甘くて美味しそう。そして、これ、ファサードにもあったのよ。アーキボルトの根元のところね。

france vari 3 041

こっちは傷んじゃって、あまり美味しそうじゃないけど、保存状態が良いと、あれだけふかふか感があるんですよ、ということで、笑。
ファサードは、前の訪問時に、結構見たので、今回はサラリで。

france vari 3 042

解説。
「扉口は、アカンサスの葉に似た鉤状の柱頭が頂上についた柱で支えられた平らなアーチで構成されています。それらは張り出した軒持ち送りまで伸びており、それに沿って一連の絡み合ったアーチがあります。
タンパンはオーヴェルニュ地方に特有の、無地のまぐさで作られています。 対称的なドアは、蛇の形に作られた 12 世紀の鍛造ヒンジで支えられています。」

鐘楼の開口部装飾にもあったね、シナモンロール帯。

france vari 3 043

軒持ち送りにも、いくつか楽しいのがあるけど、それは、2016年の記事を見てくださいね。

内部も、想像以上によかったですが、やはりこの教会の愁眉は、周囲の雰囲気も相まって、この美しい後陣の眺めですかね。

france vari 3 044

これを眺めながら、友人手作りの素敵なランチでピクニックしました。至福ってこのことよね!

france vari 3 045

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログで、最近の日々のことなど、記しております。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
スポンサーサイト



テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2024/02/14(水) 13:46:04|
  2. オーベルニュ 03-63-15-43
  3. | コメント:2
<<ローマの技術力と緻密さにはあきれるっていうか(ネリ・レ・バン03 その1) | ホーム | 3年後のリベンジです(シャップ03 その1)>>

コメント

Auvergneに行ったのは 95年、Romanesque事始めです。懐かしい。
この木製扉、いいですねえ。
 丘の上の教会
、景色もいい。 そこでのランチ、よく見るとおにぎり!日本人のお友達といらしたのですか?
サンドイッチより、少し塩気のある」おにぎりが一番ですよね。
  1. 2024/02/17(土) 03:19:26 |
  2. URL |
  3. yk #C8Q1CD3g
  4. [ 編集 ]

おにぎり最強

YKさん
そうなんです。ありがたいおにぎりランチでした。どこに行くにも、おにぎりを持参すること多いですが、外でいただくおにぎり、格別に美味しく感じます。

95年ですか。ロマネスクを考えると、大した時間ではないですが、我々の時間としては、遠い昔になりますよねぇ。その頃尋ねられているのは、とてもうらやましく思います。ずいぶん違うと思いますので。
  1. 2024/02/18(日) 12:13:24 |
  2. URL |
  3. Notaromanica #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する