fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

鳩サブレなど、素朴です(ネリ・レ・バン03 その2)

2019年8月夏休み、フランス中部の旅、その123(オーヴェルニュ、アリエ)

ネリ・レ・バンNeri-les-Bainsのサン・ジョルジュ教会Eglise Saint-Giorges続きです。
本来なら、真っ先に載せているだろう柱頭をずらずらと並べてみますね。

ここの柱頭に関する解説はありませんでした。基本、シンプルなものが多いですが、素朴な浮彫が好きだと、萌えます、笑。久しぶりに勝手な御託、並べます!

france vari 3 058

植物系が下段を取り巻き、上に人物とか、これはベリー風と言ってもよいような?
馬蹄みたいのが見えますが、とりとめのない意匠ですね。全体に丸っこいのがかわいいわぁ。

france vari 3 059

まんま、鳩サブレ!
触れないけど、触感も絶対鳩サブレの自信ある!笑
上の柱頭と、上部のつぶつぶモチーフが一緒だから、同じ石工さんと思料。

france vari 3 060

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これはもう基本中の基本だよね。植物系お尻尾も、超素朴で、顔もヘタウマ系で、なんかもう素朴のお手本レベル。

france vari 3 061

こちらは、モチーフが典型的なグリーンマン。
一部が削られているのが残念。なんか、平らにしているみたいだから、梁とか?建築的に何かやっていたかやろうとしたんだろうけど、いつの時代か不明だが、大胆なことするよね。迷惑な、プンプン。

france vari 3 062

同じグリーンマンだけど、素朴さが勝つね~。

france vari 3 063

前回、全体をアップした祭壇後ろの、小人さん専用周歩廊の柱頭は、二つともなぜか溶けちゃってて、ドロドロな様子になっています。場所は良いのに、なぜこんなに傷んでしまったのかなぁ。もしかして後陣の開口部があまざらし状態になっていた時代とかがあるのかしらん。

france vari 3 064

正直、大物はないのだけど、11世紀とかの古いテイストが満載で、その辺好きだと、相当楽しいよね、という柱頭でした。

では、外へ。

france vari 3 065

解説。
「外側の特徴:
・ファサードはセメントの接合部がはみ出しすぎて地味です。扉は厳密なロマネスク様式で、タンパンはありません(ベリー風)。
・ファサードの切妻は、オーヴェルニュと同様に屋根をはるかに超えて伸びています。
・レンガが並ぶローマ時代の北壁(前回の記事をご参照)。
・注目すべき支え壁
・四角い基部の上にそびえる八角形の鐘楼はまさにオーヴェルニュらしい佇まい。3 つのピラミッドの幹を重ね合わせて形成された枠組みは屋根板で覆われています。
・鐘楼は傑出しています。八角形で、地元のピンク色の砂岩のブロックで建てられ、ブラインド アーチで装飾されています。3 つの木材を重ね合わせた栗材のこけら葺き屋根でそびえ立っており、1983 年に修復されました。」

france vari 3 066
ファサード

france vari 3 067
鐘楼、ディテール

鐘楼の石は、明るいですね。内部は、暗い色と思いますが、外側は、壁も、特に鐘楼は明るい色で、材質も若干違うように見えます。

以上が、教会となりますが、目の前にネクロポリスの跡があるので、言及しておきます。

france vari 3 068

「ネクロポリス
メロヴィング朝及びカロリング朝の時代に、現在ある場所に置かれました。6世紀以降何世紀にもわたって、この墓地は論理的に教会の周囲に位置しており、地面の埋葬と石棺で構成されており、多くの場合ローマ時代のブロック(柱軸、彫刻されたコーニス)で切断されており、その一部は故人の頭と肩の形をしています(9/10世紀)。
この墓地は 1966 年に敷地の改修工事中に明るみに出ました。250平方メートルにわたって調査が行われ、発掘現場からは65個の棺が発見された。11 世紀には、町の要塞化された城が実際には墓地の上に建てられ、メロヴィング朝とカロリング朝の石棺を覆いました。そのため、基礎が脆弱だったため、17 世紀には城は急速に廃墟となってしまいました。現在、石棺がまだ埋め込まれている中世の城の壁の一部がガラスのピラミッドの下に見えます。」

france vari 3 069

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日々の生活をつづる別ブログで、最近の日々のことなど、記しております。
イタリアぼっち日記

ブログランキングに参加しています。よろしかったら、ポチっとお願いします。
にほんブログ村 美術ブログ 建築鑑賞・評論へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

インスタグラムに、これまでのロマネスク写真を徐々にアップしています。
Instagram, Notaromanica
スポンサーサイト



テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2024/02/19(月) 13:50:55|
  2. オーベルニュ 03-63-15-43
  3. | コメント:0
<<がちレアな黙示録(コロンビエ03 その1) | ホーム | ローマの技術力と緻密さにはあきれるっていうか(ネリ・レ・バン03 その1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する