fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

パレルモ、プロローグ

行ってきましたよ~、シチリア!
11年ぶりです。


(モンレアーレの広場、夕暮れ。バールで戸外の席に座って、ストーブも何もないのに寒くもなんともなく、このあまりに美しい空の色にうっとり。)

いつもの旅同様の超早朝出発。まだ夜の暗闇の中で、ぶるぶる震えながら始発トラムに乗って、空港バスに揺られて、出発前の飛行機の窓から美しい朝焼けを見て、そして、パレルモに降り立ったら、おおお~!いきなり春です!
その日、午後からミラノは雪だったようですが、パレルモでは、ほとんど20度を越える勢い。薄手のコートでも汗ばむほど。それだけでも、大変うれしいことですよ、ミラノから行くと。



(チェファルーの町の背後にそびえる山の途中から。これから夕暮れに向かう青空の美しさに、うっとり。)

パレルモ、チェファルー、そしてモンレアーレ。中世を見るには、とりあえず押さえておかなければならない土地。たったの3日ですので、それ以上の余裕はなく。でも、とりあえずは十分。すごいですよ、ここの中世の名残というのは、本当にもう、すごいとしか。



(パラティーナ礼拝堂。きらきらと、そして繊細で、眼がつぶれるほどの美しさです。)

ビザンチン、アラブ、ノルマン、すべての文化、美術が交わって、合わさって、他では見ることの出来ない美を作り出して、それを今にまで伝えてくれる、まさに稀有な土地です。

今回は例によって急ぎ足で、撮影もしなければならない、資料も集めなければならない、友人との約束もこなさなければならない、といろいろあって本当に余裕がなくって、ぎりぎりだったのですけれど、それでも十分見るべき美は堪能できましたので、次回、できれば近い将来に再訪して、そのときはカメラなし、約束なしで、いつまででも、黄金のモザイクや、そして繊細なキロストロの柱頭と対峙したいものだと思います。

走り回ったおかげで、すばらしい本も購入できたし、古い古い友人にゆっくりと再会できたし、実に充実した旅でした。
半分くらいミラネーゼになってしまって、かつては大好きな南がかなり苦手になっているわたしですが、シチリアは、本土の南よりは、居心地がよかったのも発見でした。なんか人が優しいのです。押し付けがましくなくて親切で、その対応が、一つ一つうれしいんです。
そして、なんと言っても、ご飯!どこでも何でもおいしくて。もう信じられないくらいにおいしいお魚料理。山盛りパスタ。これだけでも再訪する価値は大。特大。

では、これからゆっくりとシチリアの中世にご案内です。ゆっくりとね。

ロマネスクはこちらです。
ロマネスクのおと
スポンサーサイト



  1. 2010/12/09(木) 05:51:14|
  2. シチリアの中世
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<モデナ、カテドラルその3 | ホーム | トリュフの季節>>

コメント

No title

興奮がこちらに伝わってきますね~。写真の空の色は何とも言えない不思議な色ですね、、シチリアに一度は行ってみたいです。
  1. 2010/12/08(水) 22:07:00 |
  2. URL |
  3. たかし #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

たかしさん
夕暮れに向かう空の色、本当にため息の出る美しさだったんですよ。それも、古いお友達とバールに座ってカフェをいただきながら眺めていたわけで、なんかこうぐっと来るものが。幸せでした~!
シチリア、是非一度いらしてください。喜んでご案内したいくらいですよ~。
  1. 2010/12/08(水) 22:15:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

フットワークのすごさにびっくり! モンレアーレまで、空港からバスで行ったの???
パラティーナ、私が数年前に行った時はまだ修復中だったけど、終わったのかな~?
  1. 2010/12/08(水) 23:09:00 |
  2. URL |
  3. mikichan #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いいなー。シチリアぜひいってみたいですー。来年の最大のターゲットです。詳細情報お待ちしております!
  1. 2010/12/09(木) 01:36:00 |
  2. URL |
  3. londoncomcom #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

待ってました、シチリアのお話。私が行ったのは97年。日本では 絶対見られない空の濃いブルー。そして海の色。 夏で ものすごく暑かったけれど、 毎日 海を眺められて幸せな旅だったことを懐かしく思い出しています。
パラティーナ礼拝堂。 入った途端、パントクラトールに見据えられているようで 思わず首をすくめそうになり、「ああ、現地で実際に見るとはこういうことなのだ」写真でみるのではなく 現地に行って実際に見ることの大事さを実感した最初でした。続報楽しみにしています。
  1. 2010/12/09(木) 02:14:00 |
  2. URL |
  3. yk #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

すてきですね!
この。12月に暖かいのですね。

教会もすごくきれいです。

以前のイタリア語の先生が、シチリア出身のかたでスカイプがただなので凄くうれしい、家族とたくさん話せるって言っていました。
そのあと、私もドイツ在住の友人とスカイプで打ち合わせしています。

イタリアは、ローマより南に行ったことがないのです。

行ってみたいです。
  1. 2010/12/09(木) 03:45:00 |
  2. URL |
  3. ガビィ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

mikichanさん
フットワークって言うか。車がないときは歩くのみです。今回は、友人が一緒だったので、正直かなり控えめな旅になりました。一人だったら、また倒れるほど歩いていたことでしょうけど。
実はモンレアーレも、2回も行く羽目になったんですよ。でもバスだかららくちんでしたけどね。
  1. 2010/12/09(木) 21:58:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

londoncomcomさん
是非お勧めします。行かれるときには、情報を聞いてね!ご飯もおいしいし、中世どころか古代遺跡も山とあるし、 londoncomcomさんは絶対気に入ると思います。意外と英語も話すしね。すごく下手だけど。
  1. 2010/12/09(木) 22:00:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ykさん
これまでは、春に一回、夏に一回。この季節に行くのは初めてでしたが、ミラノが雪のときに20度。うれしい驚きですよね。
今回は一人じゃなかったので、正直堪能するほどじっくり見学できなかったんですよ。次回は一人で、モザイクだけに集中する旅をしてもいいなって思ったりしています。この季節は、人が少ないので、パラティーナにしてもモンレアーレにしても、ゆったりと見られるのは、とてもよかったですよ。
そうそう、先般買い逃したモザイクの本が、さすがにたくさん売られていましたが、わたしは同じ出版社の出している、その簡易版のような本を買いました。ミラノでは見たこともありません。出版社はMagnusでした。
  1. 2010/12/09(木) 22:03:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ガヴィさん
南は、いろいろな意味で強烈ですが、でもシチリアは、なぜかゆったり感があって、人々に余裕があるような感じで好きです。お友達がいるからかな。機会があれば、是非行って見てほしいです。ここの教会のモザイクは、どれも旧約新約聖書のエピソードをとても分かりやすく描いた物で、無知なわたしでもお話の見分けがつくので、楽しくなります。
  1. 2010/12/09(木) 22:05:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

シチリアは行きたいです。欧州放浪時代にイギリスの
小さな英語学校で知り合った友人がホテルを経営している
はずです。会えれば30年ぶりです。モザイクは大好き。
ラヴェンナも憧れます。
  1. 2011/04/04(月) 11:23:00 |
  2. URL |
  3. ousyuehon #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ousyuehonさん
訪問、ありがとうございます。モザイク好きなら、シチリアとラベンナは絶対にお勧めします。
気楽に滞在できるホテルがあるなら、なおさら、是非ゆっくりといかれてはいかがでしょうか(シチリア観光局の回し者ではありませんが…)。
  1. 2011/04/04(月) 21:16:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/504-1034cc9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)