fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

パレルモ その3

パラティーナ礼拝堂 Cappella Palatina
シチリアしょっぱな、とても地味な教会を二つ回りましたが、いよいよ、本命。っていうか、パレルモ来たら、やっぱりこれでしょお、という黄金のモザイクです。


ノルマン宮の中にある礼拝堂。見事に、実に見事に輝いています。かなり小さい礼拝堂ですが、天井、側壁、後陣、すべてこれでもかっていう強烈さで、背景が黄金のモザイクです。


天井は木製で、そこにはまた細密画がびっしり。今回、懐中電灯は持っていったのですが、双眼鏡を忘れてしまい、これは全く持って大失敗です。皆さん、シチリアは、懐中電灯よりも双眼鏡ですよ!

実際、ほとんどの教会で、すでに照明はかなり明るくともされていて、その上、写真撮り放題。これはうれしかったですね。シチリア、まだまだ太っ腹ですよ。

モザイクのテーマは、新旧約聖書のエピソードが中心で、とても分かりやすい。モザイクは、石の彫り物より、さらに分かりやすいですから、これは、信者にはとても勉強になったことでしょうねぇ。
あ、でも、ここは王宮の礼拝堂だから、そんなに啓蒙する必要はなかったはずですねぇ。でも、この地域の教会のモザイクはすべて聖書のエピソード、それも、テーマもアダムとエバやノア、ヤコブの話やイサクの犠牲、と大体同じですから、当時の流行だったのでしょうかね。

ほらほら、アダムとエバがいきなり誘惑されちゃってます。


そんでいきなり楽園追放ですね~。


美しさと、そしてエピソードの分かりやすさで、見ても見ても飽きない楽しさです。さらにまた、表情とかがかわいらしくて、それもまたすごく魅力。
このクーポラにあるキリストを取り巻く天子群、みんなすっごくかわいらしい顔をしていて、うっとり。この写真では分かりにくいですが、将来整理する予定のサイトをお楽しみに。本当にかわいいんですから。


そしてまた、床や壁の、幾何学モザイクもすごいんですよ。


モチーフに、明らかにアラブ風のテイストが入っています。
ビザンチンとアラブとノルマンと、それぞれの風味が見事に融合して、昇華されています。シチリアの中世って、本当にすごいです。パラティーナは、コンパクトな中に見所が満載で、やっぱりパレルモでまず訪ねるとしたら、ここなのかもしれません。
すでにして、次回はモザイクだけをめぐる旅にして、もっともっとじっくりと見たい、と思っているわたしなのです。

シチリア以外のロマネスクはこちらをどぉぞ。
ロマネスクのおと
スポンサーサイト



  1. 2010/12/18(土) 06:08:01|
  2. シチリアの中世
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ミラノ クリスマスの風景 | ホーム | パレルモ、その2>>

コメント

No title

昔、チュニジアに行ったときにモザイクの美術館のような所に行きました。考えればチュニジアなんてシチリアからすぐそこですもんねえ、。むしろ北イタリアの方が文化的に遠かったんでしょうねえ、。
  1. 2010/12/17(金) 23:57:00 |
  2. URL |
  3. たかし #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

これぞまさしく黄金のtext!図版の世界で何度でもお目にかかっております。
シチリアも行ってみたい、みたい。熱病です。あーもーどーしようもないです。
  1. 2010/12/18(土) 01:08:00 |
  2. URL |
  3. otebox #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

双眼鏡は必携ですね。 私は 図像を見るというよりは 双眼鏡を通してみたときの あのキラキラ感、あれは いまでもしっかり目にやきついています
  1. 2010/12/18(土) 12:22:00 |
  2. URL |
  3. yk #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

たかしさん
新しいパソコン、なれずに、今コメント3回も書いて、消えてしまうという羽目になり、ひじょぉにむかついているところです。たかしさんには何の罪のないけれど、というわけで、もう書く気がしません。はぁあ。すみません。
  1. 2010/12/18(土) 22:31:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

oteboxさん
シチリアは未踏なんですか、もしかして?
結構意外な気がします。モザイクもすばらしいし、シチリアの空気って、たぶんお好きなのではないかと思いますので、ぜひいつか。
  1. 2010/12/18(土) 22:32:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

yk さん
きらきら感、ありますよね。そして、派手派手の黄金にもかかわらず、なんていうのか、黄金が必然である感じっていうのか。しっくりしちゃっているのがすごいです。
  1. 2010/12/18(土) 22:33:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/511-8d345c16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)