fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

ミラノ クリスマスの風景

寒いですよ~、ミラノ。手袋嫌いの私でも、つけないとどうしようもない寒さです。午前中に手袋なしで買い物に出たところ、30分くらいで、まったく見事に麻痺。こんなにひどくかじかんでしまうっていうのは久しぶりの気がします。いやはや。

で、新しいパソコン。やっと、接続はしたんですけども、いろんなことがよくわからず。やはり取り扱い説明書が3ページっていうのは間違っているでしょ。
そもそも、オフィスが入っているとは思えないんだけど、25桁のキーを入れろとか何とか、いろいろ言ってくるんですよねぇ。キー、どこにあるんだ?まったく困ったもんです。
OSも変わっているので、使いにくくて仕方ないし。でも、この期に及んで、いつまでも古いパソコンに執着していても仕方ないので、何とかしないとね~。

おっと、前置き長いし。では、ミラノの夜のお散歩の報告です。
まずはクリスマス・ツリーです。今年も見事にせいたかのっぽのツリーが、ドゥオモの前にお目見え。昼だと白いリボンが無数にくっついているのですが、夜になると、細かい明かりがびっしり。


でも、足元にはティファニーの水色の箱が並べられていて、なんだかあまり品がありません。ティファニーはとっても好きで、この水色も大好きなんですが、こうでかでかとやられるとねぇ。
実は、夜のドゥオモに出かけたのは、去年に続いて、今年も光のフェスティバル実施というのを見たからなんです。町のあちこちに、光を使った現代アートを展示するって言うやつなんですけどね。
たぶんこれとか。


これも?


去年と同じようなのばっかりで、ぜんぜん面白くないじゃんね。がっかりです。
これなんか、コンセプト的には去年と同じながら、激しく品のない作品になっていました。なんだろう。


唯一、ちょっとかっこいいと思ったのは、デパート、リナシェンテの壁面を覆う白い光。


光は、あまり地味だとだめなのかもしれません。かといって、派手だったらいいかというと、そういうわけでもなく、結構難しい分野であるらしい、ということはわかったかも。

帰りに、市庁舎の一角で展示している、ルーブルから来ているティツィアーノを拝んできました。


毎年、この時期になると、何かしら重要な作品を、理由をつけて、ここで無料公開するのが恒例になっていますが、この数年では、もっともインパクトのない作品かも。ティツィアーノがかなり若いときの作品で、特に何って言うものもなく。しかし、大掛かりで、説明もたっぷりしてくれて。まぁ、普段芸術にまったく関係ない人とかには、啓蒙的な役に立つのか知らん。
ああ、寒い。
スポンサーサイト



  1. 2010/12/19(日) 06:24:40|
  2. ミラノ徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<パレルモ その4 | ホーム | パレルモ その3>>

コメント

No title

写真で観る限り、とても雰囲気がありますけどねえ、。毎年、見慣れているコルサさんには物足りないのでしょうねえ、。うちは周りに灯がないので、もし生で見たら圧倒されそうです。
  1. 2010/12/19(日) 23:32:00 |
  2. URL |
  3. たかし #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

たかしさん
周りに灯りがないというのは、ある意味とても贅沢な感じも。きっと星がきれいに見えることでしょうねぇ。
それこそ圧倒されそうに。
  1. 2010/12/20(月) 21:41:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

コルサさん、よくご存知ですねえ、。最近、田舎でも星が好きな人は光害で辛いようです。でも幸運なことに外灯を消すと漆黒の夜空、スバルも結構肉眼で見えますよ。でも弩近眼の最近は老眼も!涙。うちは全部で8棟あるのですが、そのうち森の家群は文字通り森の中、だから樹木の間から見上げると枝に星たちの電飾?みたいです。笑
  1. 2010/12/21(火) 13:40:00 |
  2. URL |
  3. たかし #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

たかしさん
それは素敵ですねぇ。
学生のとき、「星を見る会」なんてサークルで、寝袋に包まって屋上から星を見たりしてたんですよ。でも星のことはぜんぜん知らないんですけどね~。
最近そういえば降るような星空にお目にかかってないなぁ。いつかお邪魔させていただきたいものです。
  1. 2010/12/21(火) 21:39:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/512-6a03670d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)