fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

スイスの旅 ロマンモティエ4



スイス・ロマネスクは、知名度は低いながら、数は相当あるようです。今回、わずかながらでも、その一端に触れることができてよかったです。

イタリア国鉄の、スイス方面電車賃のプロモーション(一日で直通で行かれる場所は、一律片道19ユーロ。たとえばローザンヌだと普通の運賃は70ユーロ近くしますので、異常なお得感です)は、依然として続いているようなので、何とか年内にもう一回か二回、遠足で日帰りできるところくらい行ってみたいとは思っています。
でも、今月末で、夏時間は終わるし、寒くなってきたし、ちょっと厳しいかも。なんせ日が暮れてしまうと、何も見えなかったりしますしね。
行けるとすれば、パイエルヌのリベンジと、グランソンでしょうか。

修道院、緑の中の全体像も、スイスっぽくて美しいですが、あまりロマネスクっぽい外観じゃないですよね。
でも、よぉく見れば、やっぱりちゃんと。


盲アーチに、私の愛する付け柱。柱頭部分には、クリスモンのようなかわいらしい浮き彫りが見えます。レンガの色合いも、やさしくて暖かいですね。
肉眼じゃよく見えないような高くて隠れた場所に、こんな浮き彫りもありました。


かつては、全体的にもうちょっと装飾的だったのかもしれませんね。
側壁。


上の方が円柱で、下は角柱。多分どちらも同時代のものと思いますが、付け柱としては珍しいスタイルですね。
かつて回廊=キオストロのあった場所。


今は、中庭を取り囲む柱やアーチの基部が残っているだけ。きれいさっぱり。教会の側壁に、ちょっとだけ構造物の一部が残っているだけです。
このキオストロが残っていたら、相当インパクトがあったでしょうにねぇ。残念。
修道院、これでおしまい。

スイス・ロマネスクは、こちらもどうぞ~!
ロマネスクのおと
スポンサーサイト



  1. 2011/10/20(木) 06:13:55|
  2. イタリア以外のロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<スイスの旅 ロマンモティエ5 | ホーム | スイスの旅 ロマンモティエ3>>

コメント

No title

いっしょになって「かわいらしい」を探している私を発見しました。

いってみたいなあ。
  1. 2011/10/20(木) 06:14:00 |
  2. URL |
  3. ガビィ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ガヴィさん
時々、宝物探しに必至になっている自分に気付いて、ちょっと怖くなります 笑。こういうのも、ロマネスクの楽しみと思っていますけども、相当、病気的。
  1. 2011/10/20(木) 20:44:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/693-3e0fd33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)