fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

ブリアンツァ その4

ベサーナ・ブリアンツァの郊外、ブルゴラにあるサン・ピエトロ・エ・サン・パオロ教会Chiesa di SS Pietro e Paolo in Brugolaも、昔ぶらりと訪ねたことがあります。当時は、ロマネスク的に唯一重要なファサードにある扉周りが修復中でしたが、今回、すっかりと修復完了した姿を、拝むことができました。
11世紀、ベネディクト派の尼僧院が起源で、今も教会の右側と後ろ側には、当時の修道院の建物を基礎に使っているらしい老人ホームが見られます。



教会の建物は、ほとんど新しくなっています。鐘楼の一部は古いようなのですが、建物に囲まれてしまって、全体が見える場所が見当たりませんでした。
さて、扉周りの装飾。



右側柱の柱頭装飾。外側の四角には、本を持ったライオンと鷲っぽいので、福音書家のシンボルらしいですね。内側のひげの顔のフィギュアが不思議。目と口に赤い塗料が差されているのも、とっても不思議です。もともと色が塗られていたということ?おかしいですよね。



左側も対照的なモチーフになっていて、外側の四角はマッテオとルカなんでしょうか。内側の柱頭には、やっぱりひげの顔があって、口が赤い。なぜでしょうねぇ。



アーキヴォルトは、全体に磨耗が激しいのですが、でもブロックごとに浮き彫りが施されています。中央には、神の子羊ですかねえ。ちょっとよろよろと情けない感じもしますが。そのお隣には、やはりひげの顔。もしかしてケルト系?
確かここも、ロンバルディア・ロマネスクの本に取り上げられていたと思うので、読むとちょっとは歴史などが分かるかもしれません。
それにしても、これだけ全体の姿が変わってしまったのに、よく、この扉周りがのこったものだと感心します。

前回訪ねたときは、全体を捉えるほどの技量がなくて、修復工事の幕の隙間から、これらの浮き彫りフィギュアを覗き見て、満足していたのですが、最近はもうちょっと貪欲なので、お隣の老人ホームになっている修道院ものぞいてみました。



入り口は鉄扉で閉ざされていて受付になっていたので、写真を撮りたいのですが、と頼んだところ、にべもなく断られてしまいました。うーん。障碍のある方向けの老人ホームだし、プライバシー的に問題があるのかな、とも思いますが、中庭は別に人が出ている様子もないのにな~。って言うか、そこにいる人には、まったく興味がないんだけども~。ま、仕方ないですね。

この後、もう少しだけあちこち回る予定にしていたのですが、アリアーテからここに来るまで、迷いに迷って、どっと疲れが出てしまったので、今回はこれで引き上げることにしました。
このあたりは、丘と谷の連なる土地なので、結構高低差があるのですが、もしかしてわたしの使っている安物カーナビは、高低差が分からない?!という致命的な欠陥があるようなんですよ。というのも、指示に従って、こんな細道、ほんとかよ?と疑心暗鬼になりながら谷に下りていったら、いきなり「左に曲がれ」って、え?ここ川ですけど?橋、ありませんけど?それも、最近なくなったとかそういう形跡もなく、もともと絶対に橋はなかったはず、という地形。
で、上を見上げると、立派な橋が。これって、もしかしてあの橋を目指してたけど、高低差が読めないからこういうことになった?
実際、私が迷い込んだ道は、何もないところなのに、なぜか車が何台もやってきては、道がないので後戻る、という状態で、変な渋滞が生まれていたんですよね。ということは、多くの安物カーナビが同じ欠陥を持っているのかも…。

というわけで、途中からカーナビが信用できなくなり、道端の表示を追っかけて、やっと教会にたどり着きました。いざとなると、やはり人の感覚が一番なんですね。それにしても、昔の私は偉かったな~。

ロンバルディア・ロマネスク、こちらもどうぞ~!
ロマネスクのおと

ブログ・ランキングに参加してます。よろしかったら、ポチッとお願いします。


にほんブログ村 美術ブログへ(文字をクリック)
ブログ村美術ブログ
スポンサーサイト



  1. 2012/03/27(火) 05:02:24|
  2. ロンバルディア・ロマネスク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ピエモンテ田舎ドライブ | ホーム | ブリアンツァ その3>>

コメント

No title

私もこのおじいさん見た途端ケルトだな、と思いました。目の感じがケルトですね。本を持ったライオンは マルコでしょうね。ちょっとユーモラスなライオンですね。アリアーテも懐かしかったです。
  1. 2012/03/27(火) 03:26:00 |
  2. URL |
  3. yk #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

ykさん
やっぱりケルトでしょうか?
色のついているのが、なんかとっても怪しかったんですよね~。
まったく無名の教会ですが、でも、ちょっとかわいいでしょう。
  1. 2012/03/29(木) 20:56:00 |
  2. URL |
  3. corsa #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/783-85a3942b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)