fc2ブログ

イタリア徒然

イタリアに暮らしながら、各地のロマネスクを訪ねた記録

新居大公開-その2 まずは玄関から。

ちょっとずつ写真撮ってます。残念なのは、元のおうちの様子を、ほとんど撮ってなかったこと。元の家が、改装でどれだけ変わったかというのが見られれば、面白かったでしょうにね!

まずは復習で、建物全体の外観です。お天気の日には、本当にきれいでかわいらしい姿。建設された当時、1930年代は、廻りには牧場とか畑が広がる田舎で、同時期に建てられたこの三軒のほか、数軒の家屋があるのみだったとか。



正面の真ん中あたりには、なぜかライオンの顔が。よく温泉とかで、口からお湯が出てくるのとかありますけど、ああいう感じ。建物のエンブレムというか、シンボルみたいな、なんかそういうものがはやった時代だったんでしょうかねぇ。他では、あまり見たことありませんけど。

そして建物に入ると、エレベーターがない代わりに、こんなにかわいらしいレトロな手すりのついた階段となっています。柵はわたしの好きな鋳鉄製(多分)、そしてあめ色の木の手すり。この家を見に来たとき、この時点ですでに、これはいけるかも、という予感を持ったことを覚えています。つまり好みだったんですね。




扉を開けますと、まずは玄関スペース。イタリアでは、勿論靴生活ですので、玄関はありませんが、入り口のスペースという概念はあります。ただ、最近の家だと、おそらくスペースの節約もあって、入り口扉を開けると、そのまま何の区切りもなく居間とか部屋スペースが始まるというパターンが多いのです。わたしはこの玄関スペースがあることも、大変気に入りました。
上がアフター、下がビフォーです。
台所が小さいので、このゆったりとした玄関に、冷蔵庫をでん!と置きました。前の人は、洗濯機を置いていました。冷蔵庫といっても、家具調なので、さほど違和感はないですよね。この家具調というのと、大きな冷蔵庫、というのは、長年の憧れだったので、うれしかったですねぇ。




そしてこれは、中から玄関扉の方を見たイメージです。上がアフター、下がビフォーです。
今は家中土足厳禁で生活していますので、入ってすぐ、玄関マットで靴を脱ぎます。何とか工夫して、玄関を作れればよかったのですが、構造上難しいので、入り口付近は、まめに掃除しないと、埃っぽくなってしまいますね。




冷蔵庫の脇壁に、小さな棚を三段取り付けて、ごちゃごちゃした飾り物を並べました。この棚はイケア製で、奥行きがたったの9.5センチで、台所のデッド・スペースに取り付けるつもりで買っていたのですが、冷蔵庫を置いたら、まさにちょっとした隙間にちょうどぴったり。で、急遽2段買い足して、こういう形になりました。今回ずいぶんと涙を呑んで捨てたんですが、旅先で買ったものなど、ごちゃごちゃしたかわいい置物なんかが結構あります。適当にそこらに置いとくと、どうしても乱雑な雰囲気になってしまうのが嫌だったのですが、これはわれながら、グッド・アイディアだったな、と自画自賛。なんせ棚一段5ユーロくらいだったし!



玄関スペースだけ、ヒーターがないので、この棚の下に、ワインラックを置けばちょうどいいな、と思っているのですが、さて、細長くて、うまく収まる既製品があるかどうか。物を探すのも、急ぐ必要がないと、楽しいものです。
スポンサーサイト



  1. 2009/04/30(木) 05:03:42|
  2. ミラノ-不動産の話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モトGP-ヘレス! | ホーム | アイルランドのロマネスク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://notaromanica.blog.fc2.com/tb.php/99-a5821279
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)